側弯症で首から背中にかけ広範囲にピリピリズキズキと痛みが 女性42歳

北九州整体院の側弯症の施術例です。

あなたの症状回復への参考になれば幸いです。

※当院の施術例であり、効果を保証するものではありません。

不調者さん

MMさん 42歳 女性 自営業 田川郡香春町

症状

ヒアリング

小学6年の集団検査で脊柱側弯症が見つかるが、6ヶ月の経過観察後、治療不要と診断され、今まで42歳になるまで、治療はしていない。

症状は、首から肩甲骨の内側にかけ広範囲にピリピリズキズキと痛みが断続的に発生、同時に上腕部にもシビレ。

身体のしなやかさの検査

骨盤・背中の弾力性が少ないため、疲労回復力は当院基準に対して悪いと判断⇒循環骨盤整体(疲労回復整体の一部)+足根骨・手根骨の調整が必要。

施術内容と経過

施術内容

循環骨盤整体(疲労回復整体の一部)+足根骨・手根骨の調整を行い、身体のしなやかさを回復。

次に、脊柱側弯症の矯正手技を行う。

側弯は胸椎右カーブとなっており、そして脊柱の右回旋ねじれが同時に発生していた。

つまり、脊柱の右回旋ねじれを矯正する手技を行うことによって側弯矯正効果があると判断し、実施した。

施術後

初回で、広範囲の痛みが半分に狭まった。側弯は半分矯正できた。

一週間後に、二回目の施術を行う。

調整した主な関節・筋肉

循環骨盤整体(疲労回復整体の一部)+足根骨・手根骨の調整

後頭骨、仙骨、頸椎、足首関節、手首関節、関節に付着する筋膜・筋肉

 

脊柱側弯の矯正

胸椎、肋骨、肋椎関節、多裂筋、回旋筋

同時に回復した症状

噛み癖解消

 

院長のコメント

小学生で突発性側弯症の診断を受け、6ヶ月間の経過観察で進行が見られないことから、治療は不要と判断されたようです。その後歳がかさむにつれ、側弯症の治療をする医療機関は見当たらず、マッサージなどの筋肉ほぐしでごまかさざるをえない状況のようです。

今回は、偶然にも側弯症を正面から対応する当院を見つけられたようです。

側弯症のポイントは脊柱の回旋ねじれが同時に発生することです。この状態を長期に放置しておくと、肋椎関節の形成不全につながると思われます。ですので、できるだけ若いうちに治すことが良いようです。

脊柱側弯症について詳しくはこちら

脊柱側弯症

この記事に関する関連記事

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203