猫背

このページの監修は院長 田村政美です。最終更新日:2022年6月19日 院長のプロフィール

 

猫背の代表的症状とは

猫背は加齢による不良姿勢の代表です。

最近は、スマートフォン症候群のなかでも猫背が目立ってきました。

悪い姿勢のことなど気にせずに、スマートフォンやタブレットの画面を覗きこむことに集中してしまいます。
覗きこむ頭部は、全体重の約5分の1程の重さがあると言われますが、それほどの重さを支えるために無意識のうちに体を丸め、頭を前に突き出すような前傾姿勢をとり続けることで、からだの前面の筋肉(首の前、胸、お腹など)は収縮して、逆に背面の肩甲骨は外にひろがった状態になります。

この悪い姿勢をとり続けると、肩の上部にある僧帽筋と呼ばれる筋肉に大きな負担がかかることで、血流が悪くなり、老廃物や痛みのもとになる、発痛物質も滞ってしまうために肩や背中にコリや痛みが出て、さらに、頭痛の原因となることもあります。

背中が丸まっていることから、からだの前面では胸郭が膨らみにくくなり、呼吸がしにくいために息苦しさを感じ、疲労感が増していくこともあります。

なお、巻き肩は、肩甲骨が外側に拡がることで肩が内側に巻き込まれた状態である一方、猫背は、背骨の胸のあたり、胸椎が大きく後ろに曲がり頭が前に出ている状態のことで、同じような前傾姿勢ではあるものの、少し違っています。

猫背の状態が長く続くと背中の筋肉は常に使われ、体の前側の筋肉は使われないという筋力のアンバランスが起こり猫背はさらに悪化します。

院内外のご紹介

写真は左右にスライドできます

スタッフ一同、心を込めてお迎えします

スタッフ一同、心を込めてお迎えします

全部で3台駐車できます。

全部で3台駐車できます。

玄関入り口です。チャイムを鳴らしてお入りください

玄関入り口です。チャイムを鳴らしてお入りください

アットホームな待合室です。左奥にミネラル水サーバがありご自由にお召し上がりください。

アットホームな待合室です。左奥にミネラル水サーバがありご自由にお召し上がりください。

寝て身体の疲労を軽減する枕です。仰向けで施術する間は使います。

寝て身体の疲労を軽減する枕です。仰向けで施術する間は使います。

ボキボキしません。安全な施術を心がけています。

ボキボキしません。安全な施術を心がけています。

住所 〒802-0971 北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5 サンハイムヨシミ 203号

詳しいアクセスを確認する

電話受付 ☎ 090-8621-9624(電話受付 09:30-19:30)
営業時間 10:00-20:00
定休日 不定休(土日祝も営業)
設備 総数2(ベッド2)
スタッフ数 総数2人(スタッフ2人)
駐車場 ビル敷地内北側に専用無料駐車場3台(ブロック壁にオレンジ色プレートで北九州整体名を表示)
店舗入り口 2Fまで階段でお越しください。※エレベーターはございません。
こだわり条件 当日受付OK/カーテン仕切りあり/駅から徒歩2分以内/各種Payスマホ支払OK/土日祝も営業/女性スタッフ在籍(水土日)/指名予約OK/

お家でできる、猫背チェック

①鏡の前に立って見てみよう

鏡の前にいつもの姿勢で立って見てみましょう。
鏡はできるだけ全身が映るもの、もしくは手のあたりまで映るものがベストです。

この時、手の甲はどう見えていますか?

手が体側にあり、手の甲が外を向いて鏡から見えない状態であればOK。
もし手が前もも付近にあり、手の甲が鏡側を向いて見えている場合は、猫背の可能性があります。

②両手を挙げてバンザイしてみよう

まず肩幅くらいに足を開いて立ちます。
そこから腕をできる限り耳に近付けながら、上がりきる限界のところまでバンザイをして下さい。

この時、腕がどの位置まで上がっていますか?

耳より後ろまで上がっていればOKですが、耳よりも前までしか上がっていなければ猫背の可能性があります。

猫背の原因

解剖学的な構造

肩や腕を動かす筋肉は、腕を外にねじる筋肉よりも、内側にねじる筋肉の方が優位についています。

つまり、腕を開くよりも閉じる方が簡単にでき、力が入りやすいようにできているのです。

このように筋肉のつき方をみても、腕・肩は内側にねじれやすい構造をしています。

日常生活の動作・姿勢

  1. 腕を内側にねじった状態
    腕を前方で内側へ捩じった姿勢であるPC・スマートフォンや長時間の車の運転、
    料理・家事もこのような動作が多いですから、猫背になりやすくなります。
  2. 姿勢の問題
    重心は後ろに移り、身体のバランスを保つため、足の踵側に重心が移ります。
    足の指が浮いて浮指となり、不安定にもなります。
    かかと重心、反り腰の不良姿勢によって、上半身はバランスを失い、猫背になり首は前に倒れてしまいます。(若い女性に多く見られます)
  3. 加齢による筋力低下
    加齢による背面の筋力低下による胸椎の後弯があります。この状態が続くと横隔膜下の内臓が下がり、さらに猫背が進んでいきます。

猫背のメカニズム

猫背とは、肩甲骨が外側に移動して背骨が丸まった状態ですが、猫背を治すときに背骨を反ってもほとんど意味がありません。

肩甲骨を内側に寄せると自然に猫背は解消されますが、肩甲骨だけを内側(背骨寄り)に移動させることはできないので、鎖骨や胸の骨も一緒に動く必要があります。

肋骨が左右外側に開くことで胸郭が持ち上がり鎖骨が動けるようになりますが、長年の圧迫により色々な箇所で骨と筋肉・皮膚が癒着し正常な動きが出来なくなっています。

猫背を改善するには巻き腕の矯正と肩甲骨・鎖骨・肋骨といった骨を正常な位置に戻してあげるだけでいいのです。

肋骨が左右に開かないのは長年の圧迫により、肋骨の間にある筋肉と皮膚が癒着してしまい筋肉が動かなくなっているので、肋骨が左右に開きたくても開けません。

また、肋骨自体も広がっていない状態で皮膚と癒着し、へばりついてしまった為に非常に動かしにくくなっています。

肩甲骨と肋骨の間で滑液包とよばれる袋を介して癒着してしまい、肩甲骨が外側に寄っている状態で癒着してしまうと内側に戻すことができません。

猫背による身体への影響

慢性的な首肩の凝り、四十肩/五十肩の原因にも

肩が本来の正しい位置ではなくなるため、肩周辺の血流が悪くなり、こわばりやすくなると言われています。

長時間同じ姿勢でデスクワークを続けていると、手を前にしている分、肩も内側に入りやすくなってしまい、その状態で凝り固まってしまいます。

脳の働きの低下

肩が内側に入ると、胸側の筋肉も収縮した状態になります。
そうすると、前のめりの姿勢になってしまい、頭と首が肩より前の位置にきて負担が増すばかり。

この姿勢になると、呼吸をする時に肺が思うように膨らむことができず、知らず知らずのうちに浅い呼吸になってしまうこともあり、脳に酸素が届きにくくなり、そのため集中力、記憶力、思考力の低下を招きやすくなります。

当院の猫背へのアプローチ

当院では、猫背の原因を

  • 巻き腕と肘周辺の癒着
  • 肩甲骨・鎖骨・肋骨の可動性の悪さや癒着
  • 加齢による筋力低下と内臓下垂による胸椎の後湾

だと考えています。

そこで当院では、オリジナルの関節矯正や運動療法を使い、胸椎後弯や身体の捻じれを整えます。

さらに、再発しづらい体作りを目指すために、生活習慣の指導も行います。
体のバランスを整え、歪みが起こりにくい生活習慣や運動指導することで改善・再発防止に導くことができます。

もしあなたが猫背でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

自分でできる!猫背矯正ストレッチ

大胸筋ストレッチ

① 壁に手のひらをつきます。

② 体を前に倒していきます。すると胸の筋肉がストレッチできます。
気持ちいいところで20秒キープします。左右3回ずつ。

胸から腕についている大胸筋は、肩を内旋させる筋肉でもあります。

猫背の場合この大胸筋が緊張し過ぎていることが多いので、しっかりストレッチして柔軟にしておきましょう。バストアップ効果も期待できますよ。

鎖骨の下側の際を押して堅い人は特に念入りにやりましょう!

院長写真

はじめまして。
北九州整体院 院長の田村です。

この度は当院のホームページをご閲覧いただきまして誠にありがとうございます。

当院は、私が腰痛・変形性膝関節症や過敏性大腸炎など10年以上悩んでいたことをきっかけに、『何年も治らない辛い症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたい』という思いで開院しました。開院してから15年、様々な手技を導入し、今では痛みやしびれの改善の評価が高い整体院です。

不調が発症する原因は、骨格の歪みに加えその方の生活習慣など様々な要因が関係しています。
不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。

あなたの症状を改善に導くため、当院は徹底したヒアリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案させていただきます。

あなたがどこへ行っても改善されない肩こり・腰痛・膝痛・頭痛などでお困りでしたら、ぜひ当院までご相談下さい!

当院が選ばれる4つの理由

1.お悩みをシッカリ受け止めます

施術の様子

お悩みをシッカリ受け止め、姿勢検査・関節可動検査・圧痛検査で根本原因を分析し、どこに原因があるか、患者様にお伝えします。

スタッフ一同「患者さんを心身共に健康に導く」を心に決め患者さんと日々向き合っています。

2. 成果の高い治療手技を積極的に導入

院長の施術

先人たちが開発した効果の高い先端治療手技を積極的に導入し、様々な症状にシッカリ対応できるよう努力しています。

例えば、難治性症状改善に神経筋療法、疲労回復促進に循環骨盤調整(オステオパシー系手技)、首の不調改善に筋二点療法、関節調整にカイロプラクティック系手技など効果の高い療法を積極的に導入させていただいております。

その結果、臨床では成果も上がり、様々な症状を持つ患者様に大変感謝いただいています。

3.高い改善率

肩こり改善率、腰痛改善率

過去の肩こりと腰の痛みの改善実績を数値で捉えてみました。

肩こりは、97.2%の方が改善(症状の改善が50%以上)を体験しました。

  • 調査期間:H29年5月~6月
  • 対象者:肩こりで来院された方
  • 対象数:71人
    よくなった人数:69人

腰痛は、96.3%の方が改善(症状の改善が50%以上)を体験しました。

  • 調査期間:H29年5月~6月
  • 対象者:腰痛で来院された方
  • 対象数:82人
    よくなった人数:79人

4.初回全額返金保証で安心

院長

ここまで当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私には、ご不調者様と向き合う際に、心かげていることがあります。

それは、不安をなるべく解消するような雰囲気作りです。
気になることはしっかりお聞きし、お話するときもゆっくりとしたスピードを心がけています。

また、施術を行う上では「いた気持ちいいと感じる強さで、強すぎず弱すぎない手技」を意識しています。

なぜなら、合っていない強弱は、施術効果につながりにくいからです。

施術後には、日常生活で気を付けていただきたいことを、不調者さんが実行できる範囲に絞って説明しますのでご安心ください。

あなたがもし、つらい症状にお困りなら、当院にぜひ一度ご相談ください。ご来院を心よりお待ちしています。

院長 田村政美

ネット予約アプリ登録のお勧め

当院のお勧めメニュー

院長の整体コース(5000円/40分)をお勧めします。
なお、初回の方はさらに初回検査・問診無料/10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203