慢性腰痛/腰痛

慢性腰痛(繰り返す腰痛)

もう何カ月も整形外科や整骨院に通っているけど、なかなか腰痛が改善しない・・・
この先の将来、ご自分の身体が不安なあなたへ・・

・何年も繰り返す腰痛に悩まされている
・朝起きると直ぐに腰が痛い
・腰が痛くなったのに、思い当たる原因がない
・整骨院や整体院に通ったが良くならない
・腰痛の手術をしたが治っていない
・ずっと改善しないので、もう諦めかけている
・いつまでこの痛みが続くのか、全く先が見えない

人間は二足歩行なので、生涯一度も腰痛にならない人はいない
と言われているくらい腰に負担がかかる構造をしています。

病院で原因が特定できる腰痛と特定しづらい腰痛

腰痛は、「病院で原因が特定できる腰痛」と「病院で原因が特定しづらい腰痛」の2つに大別されます。
レントゲンやMRIなどの検査で原因が明確になる腰痛を「特異的腰痛」といい、足の痛みやしびれなど下肢症状がない腰痛を「非特異的腰痛」と言います。

そして腰痛は、以下のように整理できます。

病院で原因が特定できる腰痛、手術が必要になることも(全腰痛の15%)
腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、坐骨神経痛など

病院で原因が特定しづらい腰痛、手術は不要(全腰痛の85%)
筋・筋膜性腰痛、椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛など
一般的に腰痛というときは、手術が不要な後者を指します。

後者は全腰痛の85%を占めており、その原因のほとんどは、無理な動きや長期間の姿勢の捻じれ・歪みで血行不良となり、腰まわりの筋肉・筋膜や関節が衰え、こわばって柔軟性が失われ痛みを引き起こすのです。
その為、慢性腰痛で苦しむ日本人は年々増加しており、現在約4千万人といわれてます。
また、近年の研究では慢性腰痛が、精神的なストレスと深くかかわっていることがわかってきました。

腰痛が改善しない理由(考え方)

当院では、以下のことを施術に生かしております。

腰痛を改善するには、痛みを出している原因を発見し、本当の原因に直接アプローチしていくことが重要です。

腰痛をそのまま放置してしまうと、慢性腰痛や椎間板ヘルニア、すべり症のような深刻な症状や、しびれを伴う坐骨神経痛といった、より重い状態になってしまう可能性があると考えています。

腰痛のタイプ別症状をチェック!

1.腸腰筋が原因の腰痛

・立っているときはツラいが、横になると痛みが多少楽になる
・太ももの前側にも痛みや張りを感じる
・腰の深部が痛い
・長年の慢性腰痛が悩み

腸腰筋とは?

大腰筋、小腰筋と骨盤内側から股関節内側に付く腸骨筋に分かれます。
深層筋肉とか、深部筋肉と呼ばれており、
この3つの筋肉は、股関節を曲げる(膝をお腹の方に近づける動き)と骨盤の前傾の動き(お腹を突き出す)に関与します。

日常生活で腸腰筋が硬くなる要因とは?

・長時間、デスクワークや車の運転など座っている姿勢が多い
・股関節を曲げた状態で丸くなって寝ることが多い
・過度なランニングやサッカー等、過度に蹴る動作を行っている
・胸を張って姿勢をキレイに見せようとしている

2.脊柱起立筋が原因の腰痛

・物を抱え上げる時に、よく痛みが出る
・長時間同じ姿勢で作業を行う時に痛みを感じることが多い(長時間の運転や立ちっぱなし)
・広範囲に、腰の痛みがでる(背中からお尻まで)

脊柱起立筋とは?

首から腰にかけて、背骨付近にある腸肋筋・最長筋・棘筋からなるとても長い筋肉で、人間の直立に大きな役割を果たしています。
症状が慢性化し、長期間痛みを出現させてしまうことも脊柱起立筋由来の腰痛の特徴です。

日常生活で脊柱起立筋が硬くなる要因とは?

・前屈姿勢で物を持ち上げる動作が多い
・立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢を保つことが多い

3.腰方形筋が原因の腰痛

・腰の深部が痛い
・太ももの外側に痛みやはりを感じる
・身体を動かし始める時が痛い
・左右どちらか、片側に痛みが出ることが多い

腰方形筋とは?

体幹筋の1つで脊椎の深層部に左右対称に付着しています。
主な作用としては、一側の収縮で体幹の側屈させ、両側の収縮では腰椎の伸展(身体を反らす)の働きがあります。

腰方形筋が硬くなる要因とは?

・重いものを持ち上げる。または腰を曲げた状態で作業を行うことが多い
・左右どちらかに身体を倒しながら作業することが多い
・頭より高いものを取ることが多く、または手を挙げて作業することが多い
日常的に物を持つことが多かったり、中腰での作業が多い方は必然的に腰方形筋に負担がかかっていることになります。

また、日常的に片側に身体を倒しての作業が多い方は片側の腰方形筋に負担がかかり続けていることになります。
日常的に同じ方向へ脚を組んでしまうと、腰方形筋の筋肉が短縮を起こしてしまいます。

4.腹直筋が原因の腰痛

・腰の上の方やお尻に痛みを感じる
・力を入れると腰に痛みを感じる
・咳をすると腰が痛い

腹直筋とは?

腹直筋は、肋骨から恥骨まで走行しているお腹の正面にある長い筋肉。
重い物を押すときなど、カラダを安定させるよう力を発揮している筋肉です。

日常生活で腹直筋が硬くなる要因とは

腹筋運動を日常的によく行う
便秘気味でよくいきむ
慢性的に咳をしている
精神的なストレスを感じることが多い

多裂筋が原因の腰痛

・腰の真ん中に痛みを感じる
・お尻や腰の下の方に痛みが出ることが多い
・お尻から太もも後面にかけての痛み(坐骨神経痛のような症状)

多裂筋とは?

多裂筋は、首から腰の骨と骨ををまたいで付着しています。
主に、横に体を曲げることや体を回すこと、背骨の1つ1つの骨を安定的に繋げておくことがその役割です。

日常生活で多裂筋が硬くなる要因とは?

物を持ち上げるなど長時間の前かがみ動作
姿勢が崩れた状態での長時間の座位または立位
デスクワークでの長時間の不良姿勢での座位保持

お仕事タイプ別、腰痛チェック!

1.デスクワーカー型

主に、座って作業することの多い方に起こる慢性腰痛タイプです。
この腰痛タイプは主に身体の前面(お腹や股関節の前側)の筋肉・筋膜が常に緊張状態にあるために痛みを生じています。
立ち上がって体を後ろに反らしたり、歩いているときは症状が軽くなる方が多いのも特徴です。
腹部から股関節の前に走る大腰筋と言った筋肉・筋膜の施術が必要です。

2.立ち仕事型

このタイプは太ももの後ろやお尻そして背中から腰に掛けての筋肉・筋膜が原因になっていることが多いです。

3.重労働型

意外と慢性腰痛の方には少ないタイプです。
もちろん背筋や腕の力なども使いますが、抱え上げる瞬間には腹筋の働きが本当に重要なのです。

一般的な慢性腰痛の4つの治療法

1.薬物療法

腰痛の症状に合わせて、鎮痛剤などが選択される

2.神経ブロック療法

局所麻酔薬やステロイド薬を注射して痛みの伝達をブロックする

3.リハビリ

温熱療法やストレッチ、筋力強化運動などを通じて、痛みやしびれの軽減と身体機能の改善を図る

4.手術療法

腰椎の固定や神経を圧迫する箇所の切除などを行い症状の改善を図る

お勧めコース

腰痛専門のコースをお選びください。
なお、初回の方はさらに初回検査・問診無料/10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203