腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの女性

腰椎椎間板ヘルニアの女性

こんなお悩みはありませんか?

  • 病院で腰椎ヘルニアと診断された
  • 整形外科でブロック注射を受けているのに、改善が見られない
  • 腰からお尻にかけ痛くて眠れない
  • 痛みのせいで、同じ姿勢が保てない
  • 太ももから足先にしびれや突っ張り感がして辛い

もう大丈夫です。
当院には、腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方を改善に導いている事例があります。

腰椎椎間板ヘルニアは放っておくと、ますます激しい痛みやシビレが発生してしまう症状です。

1人で悩まず、当院までお気軽にご相談ください。

若い人が腰椎椎間板ヘルニアになりやすい?

腰椎椎間板ヘルニアの場合、若い人が症状が出やすい傾向にあります。
理由は、椎間板の構造にあります。

椎間板とは、上下の椎体(背骨)の間にあります。ヘルニアというのは、何かが飛びだすことです。

この椎間板は水分を多く含んでおり、水分が多いと、出るものが多い。
高齢化していくと、水分が少なくなって出るものが少ない。
年齢と共に体内の水分が減少します。

椎間板の水分量は、子供の頃は88%、老人は66%になるという文献があります。
だから、若い人ほどヘルニアで坐骨神経を圧迫しやすくなるので症状がでる。と言われています。

レントゲン・MRIで椎間板が薄くなっている?と、いわれてもそんなに気にする事はないとも取れますね。

年齢と共に水分が少なくなって椎間板は薄くなります。
椎間板が薄くなることでヘルニアが出る、というのは関係なさそうです

また、標準整形外科学の本にはヘルニアとして出ている部分は、貪食細胞に食べられ、ヘルニアは3カ月~6ヶ月程度で自然消滅する場合がある。と記述されています。

椎間板のヘルニア部分は、神経を圧迫できない?

1911年、アメリカの医学博士が次のような論文を発表されました。
下肢の痛み・痺れは、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が原因
この論文で世界中の医師は、腰痛の原因はこれだと信じ、
いまでも、椎間板ヘルニアの摘出手術を行う病院が多いと聞きます。

ところが、近年、アメリカ・イギリス・ノルウェーの医学博士が、
椎間板のヘルニア部分は、神経より柔らかいので、神経を圧迫することはできない
という内容の論文を次々に発表されていると聞きました。

痛みシビレはヘルニア以外の可能性もある

①1995年、カナダBoosらの研究 腰痛学会 volvo賞受賞論文

ヘルニアと診断された腰痛のある患者さん46名と、年齢・性別・職業などを一致させた腰に痛みのない健康な人46人のMRIを撮り、研究内容の知らない医師2人に画像診断してもらうという実験を行いました。

その結果、痛みのない健康な人46人の75%にヘルニアが見つかりました。

つまり、腰痛のある患者さん46名の内、75%の人にとっても、ヘルニアが痛みシビレの原因ではない可能性が高いということです。

※volvo賞とは、腰痛学会でのノーベル賞のような権威ある賞のことです。

②ためしてガッテン 2011年11月16日 驚異の回復!腰の痛みより

ヘルニアを切除して神経の圧迫が無くなったのに、痛みが消えない人やヘルニアがあるのに痛みがない人が続々とみつかりました。

これはヘルニアが痛みシビレの原因ではなく、実は他の原因がありうることを示しています。

ヘルニアがある=痛いとは限らず、今までのヘルニア説は当てはまらないことが、明らかになっています。

つまり、病院で治療を受け続けているのに症状が改善しない場合、あなたの痛みシビレはヘルニア以外の可能性もあるということがわかります。

手術しか選択肢がない場合もあります

手術が必要なのは、麻痺がある、一部の患者さんに限られます。

麻痺とは、大きく分けると感覚麻痺と運動麻痺があります。
感覚麻痺とは、触れられているという感じや、痛みや痺れるという感覚がない状態です。

運動麻痺とは、下肢が動かない、等などの状態をいいます。
つまり、歩くこと立つことが難しくなり、痛みも感じません。
こうなると、整体の治療範囲を超えますので、どうする事もできません。
一刻も早く手術が必要です。
ただ、どこまで回復するかは手術してみなければ分からないのが現状のようです。

一般的な「腰椎椎間板ヘルニア」の対処法は?

整形外科や接骨院では一般的に、

  • 腰の牽引(腰を引っ張る)
  • ブロック注射
  • 痛み止めの処方
  • コルセット
  • 電気療法
  • 温熱療法

などの対処法を施されるようです。
さらに、重い症状は、手術を勧められることもあるます。

では、どうすればツラい腰椎椎間板ヘルニアの症状を改善に導くことができるのでしょうか?

当院の「腰椎椎間板ヘルニア」へのアプローチは?

北九州整体院では、腰痛や下肢の痺れの本当の原因は、

  • 骨格・筋肉の全身バランスの崩れ
  • 腰椎・骨盤の周囲筋の拘縮

だと考えています。

当院では、身体のバランス維持の土台である足根骨・手根骨・骨盤を調整し、骨格・筋肉の全身バランスの崩れを正しい状態に整えていきます。

さらに、腰椎・骨盤の周辺のインナーマッスルを整えて、痛みの出ない身体つくりを目指します。

もしあなたが、腰椎椎間板ヘルニアでお悩みなら、一度当院にご相談ください!

お勧めコース

腰痛専門コース(5000円/40分)をお勧めします。
なお、初回の方はさらに初回検査・問診無料/10分をお選びください。

腰椎椎間板ヘルニアに関する関連記事

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203