自律神経の乱れ

あなたはこんなお悩みがありませんか?

通常、自律神経失調症は、次のような症状があることを言います。

[check]原因不明のイライラ、ドキドキ
[check]めまい、動悸、微熱
[check]息切れ、息苦しさ、過呼吸
[check]睡眠障害、集中力の欠如、思考力の低下、うつ症状
[check]頭の中がモヤモヤする
[check]汗が出ない、過剰な発汗、顔・体のほてり

[check]全身の倦怠感、だるさ、脱力感
[check]腹部違和感
[check]吐き気、嘔吐
[check]不安感・焦燥感
[check]食欲不振
[check]やる気が起こらない

あなたの症状に当てはまるものはあったでしょうか?

そのお悩み、北九州整体院にご相談ください!

北九州整体院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

整体院をお探しということは、きっと上記のような症状に悩まれていることと思います。

色々な治療院や心療内科に行ってみたけれど症状が改善されなかった方、整体に興味はあるがよくわからず踏み込めない方、そして、「この自律神経の乱れは何をしても改善しないだろう」と諦めてしまっている方は、ぜひ当ページをご覧になってください。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れることによって、心と体にさまざまな症状が出ると言われている症状です。

自律神経失調症と区別すべき疾患

自律神経失調症は似たような症状を持った別の疾患と間違われる可能性があります。

うつ病

自律神経失調症と特に区別しづらいと言われている疾患として、うつ病があります。
うつ病は気分が落ち込んだ状態が長く続き、生活や仕事に支障をきたす状態のことです。動悸、不眠、疲労感、食欲不振、倦怠感などの症状がおこるので、自律神経の乱れと間違われやすい疾患だと言われています。

低髄液圧症あるいは脳脊髄液減少症

この病気は、一定であるべき髄液圧が低い状態にあることにより起こす症状です。
症状は、起立性頭痛(起き上がると頭痛)を主とし、それに付随して、頚部痛、全身倦怠、めまい、吐き気、耳鳴り、うつなど多彩です。髄液圧を測定すると正常より低いため、医学的にはこの低い髄液圧が症状の原因と考えられています。この圧が低くなる原因は、脳脊髄腔から脳脊髄液が漏出することによって起こるということが分かってきているようです。

自律神経とは

体内環境を一定に保つ神経系統。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。あなたの意思とは関係がなく、血圧や心拍数、免疫機能などを自律神経が自動的にコントロールしています。

健康な方は、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできるのですが、自律神経失調症の方は、スムーズな切り替えができません。

気温や気候が大きく変わる季節の変わり目に、自律神経のバランス調整ができにくくなる人も多くいると言われています。

めまいや動悸などがあり、検査をして異常がないときに、自律神経失調症と安易に診断されていることも多くあるようです。

また、別の医師に診てもらうと別の診断名が付くこともあります。~症という病名は医師も原因が判らない病気につけられるものです。

例えば、内科で自律神経失調症と診断されていても、精神科に行くとうつ病と診断されてしまうこともあるかもしれません。
それだけ、自律神経失調症は曖昧なことがあるのです。

薬で、自律神経失調症は改善できるのか?

最初は軽い薬だったけれど、次々に薬を処方される。薬が増えて、大丈夫かしら・・と不安に思っていませんか?
依存性や体への影響が心配ですよね。

一番気になるのは、薬を飲んで、自律神経失調症が改善するかどうか?ですね。
たしかに、抗不安剤・精神安定剤を飲むと、精神的に落ち着き、動悸、息苦しさなどの症状は楽になります。

しかし、抗不安剤・精神安定剤の効果が切れると、元のように症状が戻っていませんか?
症状を改善するのではなく、一時的に症状を抑え込んでいるだけだからです。

だから、症状を抑え込むために、ずっと抗不安剤・精神安定剤を飲み続けることになります。
そして、抗不安剤・精神安定剤の怖いところは、依存性があるということです。飲み続けると、止めるのが難しい!

自分では薬を飲むのを止めようと思っていても、薬がないと不安になります。自分で薬を止めると、体調が急激に悪化することもあります。
自律神経失調を改善したいのなら、薬に頼りすぎるのは賢明ではなさそうですね。

自律神経失調症の原因

1.精神的ストレス

家族などの病気や死、不幸、健康などの人間関係のストレス
仕事や学業に関わる社会的ストレス

2.環境ストレス

気圧の変化、暑い、寒いなどの物理的なストレス
災害、騒音、空気汚染、花粉などの環境的ストレス

3.ホルモンバランスの乱れ

自律神経と内分泌系(ホルモン)は強い関連性があります。

女性はホルモンの変化による影響を強く受けます。

例えば、月経、妊娠や出産によるホルモンの変化、によるものなどです。

自律神経失調症が、女性に多く見られるのは、このためです。

4.肉体的ストレス(身体の不調、筋肉疲労)

例えば、自律神経失調症の症状の一つである頭痛

病院で検査をしても異常がない頭痛は、頸椎の生理湾曲が失われ、首や肩に関連する部分が硬くなっている。
北九州整体院の手技で首や肩に関連する筋肉や関節を柔らかくし、首の生理湾曲を回復させていくと、頭痛が解消していく方は多くいます。

だるさの原因についても、次のように考えています。
首・背中・頭に関連する筋肉や関節が硬くなって、脳につながっている神経が圧迫され、脳への血流障害が起こります。

これらの状態が続くと、脳の働きが悪くなるため、体のだるさを起こすことがあります。実際に、首や背中や頭の関連する筋肉や関節を、施術で柔らかしていくと、症状が消えていく方がいます。

息苦しさについても、次のように考えています。
息苦しさを感じる患者さんの場合、呼吸に関わる筋肉やや肋骨が硬くなったり、歪んでいることがあります。呼吸に関係する筋肉や肋骨を調整すると、その場で呼吸が楽になる方もいます。

そして、耳鳴りについても、耳周辺や頭部の歪みや体液の流れが悪くなっている部分を調整すると、症状が軽減されるケースもあります。

従って、自律神経失調症の方は、体のさまざまな部分が筋肉や関節が硬くなっており、その肉体的ストレスの影響も大きいと考えられます。

どのような施術を行うのか?

施術手順(必要な項目を適宜選択)

1、検査(調整後も必要な項目を適宜再検査)
1-1通常
・生理的検査(体液循環)
・ROM検査(各関節の可動域)

1-2身体の動きが異常の場合
・支持骨のバランス異常(足根骨・座骨等)
・脈管障害(肩関節・股関節の抜けあり⇒脳の脈管障害)
・末梢神経異常(大腰筋低下)
・重心軸の異常(体のバランス)

2、仰臥位
・循環骨盤調整(脊髄液、リンパ液、血液の循環促進)
・頭蓋内静脈血ドレナージュ
・足根骨調整・手根骨調整

3、座位
・肋骨調整

4、腹臥位
・頸椎脊椎受容器の調整
・肩甲骨調整・股関節調整
・減腔(胸腔・腹腔)
・腰仙関節・仙腸関節の調整
・筋ポンプ(筋膜、筋肉のほぐし)

5、仰臥位
・頭蓋骨調整・内臓調整

施術内容の主な説明

1.循環骨盤調整(疲労回復整体)

循環骨盤調整は頸椎と仙骨を調整することで、血液・リンパなどの体液循環を促進し、ストレスに立ち向かえる体づくりを目指しています。

2.自律神経のバランス回復

頭蓋内の静脈血ドレナージュ・脳脊髄液の還流促進で、自律神経のバランスを回復させていきます。ソフトな施術なので受けている最中に心地よさを感じて眠り始めたり、施術の後に目や鼻がすっきりしたと感じる方もいらっしゃいます。
特に調整の圧は木綿豆腐が潰れないほどの優しさで行います。

3.関節・骨格の働き正常化

頸椎脊椎受容器・肩甲骨・股関節・足根骨・手根骨・腰仙関節・仙腸関節などを調整をすることで、神経と体の繋がりを脳が認識することにより、肉体的ストレスが開放されやすくなります。

施術を受けて、体を動かす気力が出てきたなら、施術と併用してストレッチやウォーキングに取り組むことでさらに体の回復は早まるでしょう。

お勧めのコース

院長の自律神経バランス調整コースを、お選びください。
なお、初回の方はさらに初回検査+ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203