五十肩/四十肩

あなたは四十肩/五十肩でこんなお悩みがありませんか?

[check]整形外科や整骨院など色々と治療をしてきたが、どれも効果を得られなかった。
[check]レントゲンやMRIで問題は発見されなかった。
[check]痛みの原因が分からず、リハビリ、注射、湿布で様子をみましょうと言われた。
[check]行きつけの治療院が痛い治療なので憂鬱。
[check]半年も整形外科に通っているが、改善しない。

そのお悩み、北九州整体院にお任せください!

北九州整体院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

整体院をお探しということは、きっと上記のような症状に悩まれていることと思います。

色々な治療院に行ってみたけれど四十肩/五十肩が改善されなかった方、整体に興味はあるがよくわからず踏み込めない方、そして、「この四十肩/五十肩は何をしても改善しないだろう」と諦めてしまっている方は、ぜひ当ページをご覧になってください。

重症化した四十肩/五十肩の簡単なセルフチェックをしてみましょう。

下記の項目の中で当てはまるものにチェックをつけてください。

あなたの肩の具合は?
[check]夜中に痛みで目が覚める
[check]寝返りが痛みで辛い
[check]背中の手を回すと痛みが出る
[check]高い所にある物を取ると痛む
[check]洗濯物を干すとき痛みが出て干せない
[check]セーターをかぶると痛い

1つでも当てはまると、四十肩/五十肩(肩関節周囲炎)/腱板損傷/脱臼/関節リウマチ等の可能性がありますので、まず医師の診察を受けてください。
そこで五十肩または損傷なし、関節・骨に異常なしと診断された場合は重症化した五十肩の可能性がありますので、当院の施術を受けられることをお勧めしています。

なお、五十肩ではないが、肩が痛い、腕が上がりにくい等の場合は、四十肩/五十肩が発症しやすいかもしれません。この段階で当院へ来られる方は治療期間・回数は各段に少なくなっていますので早めの来院をお勧めしております。

※あくまでも自己判断の参考としてご活用ください。

重症化する四十肩/五十肩の原因

北九州整体院では、臨床経験から、重症化した四十肩/五十肩は以下の原因が複数当てはまりました。

  1. 腕の巻き込みが肘や肩の関節まで影響して、関節・筋肉が拘縮する程の捻じれや歪みが発生している。
  2. 就寝時の横寝(側臥位)による肩関節の圧迫で、関節のズレが起こり、炎症を誘発し易い。
  3. 肩関節がズレた状態で、関節包や腱・筋肉が癒着しやすい。
  4. 肩甲帯(胸鎖関節・肩甲上腕関節・上部肋椎関節・上部胸椎)の可動域が極端に悪く、その周辺の腱・筋膜の拘縮ある。

《参考情報》巻き肩に関すページ

一般的な四十肩/五十肩の治療は?

病院で通常受けられる治療では対症療法が多く、
・湿布や痛み止めを処方
・関節にステロイドの注射
などの処置がほとんどです。

もちろん、これらの処置で良くなる場合もあります。ですがなかなか症状が緩和しないことも少なくありません。

では、どうすれば四十肩/五十肩を改善に導くことができるのでしょうか?

当院での「重症化した四十肩/五十肩」へのアプローチ

筋肉・靭帯・腱へのアプローチ

まず肩関節周囲の疼痛を解消する目的で筋肉・靭帯・腱を調整します。

左図は発症に伴い、痛みが強く出るところです。

40肩50肩は腕が上がらない激痛が走るなどの症状がでますが、
直接の原因は筋肉・靭帯・腱の拘縮です。

肩関節のズレへのアプローチ

肩関節のズレの状態を確認し、修正しなければならない程のズレがあれば矯正することになります。当院の重要なアプローチの一つです。

肩甲帯の可動域悪化や腕の巻き込みへのアプローチ

・肩甲帯(胸鎖関節・肩甲上腕関節・上部肋椎関節・上部胸椎)を調整
・腕の巻き込み(+巻き肩)への調整

お客様の感想

五十肩は、長びくものと思っていた・・

北九州市小倉南区から来院された小山直美さま
女性 52歳 看護師
私は、元々慢性腰痛と肩こりがあったのですが、突然、左肩の激痛があり腕が上がらなくなりました。2~3日我慢したのですが、ひどくなるため兄に話すと良い所があると紹介され来院しました。

五十肩は、長びくものと思っていたのですが、施術を受けて一週間位で楽になったので驚いたのと、不安が軽くなったのを覚えています。

先生の丁寧な説明と施術で心も身体も軽くなり、仕事や家事を出来るのは、先生のおかげです。感謝の一言です。

これからも、先生の身体が健康な限り、よろしくお願い致します。

※北九州整体の施術を受けたお客様の体験であり、効果を保証するものではありません。

四十肩/五十肩を実際に施術したbefor/afterの動画

https://youtu.be/lqLteImN214

当院の四十肩/五十肩のセルフケアです。

参考にして頂ければと思います。自分で治すセルフケアの動画も掲載しました。

※アンダーライン:重複

セルフケアについて

  1. 日常生活で気を付けて欲しいこと
    1. 寝るときは肘が肩峰(肩の先)より下がらないよう、枕や毛布を入れる。
    2. 腕を動かすとき、痛くなるところで止める。痛いところでまでいかない。
    3. 腕を挙げるとき、肘は肩峰より前に位置する
    4. 物を握るとき、薬指側で握る
  2. ストレッチなど
    1. 前腕のストレッチ
      あお向けで手の平と手の甲を交互に床につける。ただし、痛いところまでいかない。
    2. 指のストレッチ
      片方の手で指を一本一本伸ばす、ねじる。四十肩/五十肩は指の疲労が原因になっていることが多い。
    3. 手の平を軽く開いてブラブラさせながら上げる
      側臥位で、痛みが出ないように手の平を軽く開いてブラブラさせながら少しづつ挙げていく。

四十肩/五十肩のセルフケア動画1

※個人差がありますので、成果を保証するものではありません。

四十肩/五十肩のセルフケア動画2

肩関節の腕骨頭の前ズレを修正する為、腕骨頭を支点にしてズレの修正をしている動画です。もし、後ズレなら支点を肩関節禍にします(通常は前ズレです)。間違った方向の矯正なら、痛みが強くなります。
私も五十肩になった時、整形外科で受診しましたが、電気とシップでした。
それで自分で治す方法を考案し、この動画のような矯正ストレッチで自分の五十肩を治しました。

※北九州整体院で考案したものであり、また個人差がありますので、成果を保証するものではありません。

お薦めコース

四十肩五十肩コースをお選びください。
なお、初回の方はさらに初回検査・ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203