膝痛/ひざの痛み

膝痛(膝の痛み)の症状の簡単チェック

痛みの強さや、痛くなる動作など人それぞれ違います。
急に痛くなった人もいれば、慢性のひざの痛みで悩まされている人もいます。

[check]膝が痛くてしゃがめない
[check]立ち上がりや歩き始めで痛みがでる
[check]膝が痛くて正座ができない
[check]膝の内側が痛い
[check]上向きに寝たとき、ひざ裏が床につかない
[check]靴の外側ばかり減る
[check]段差の低いところでも、歩くときに足先がつまずくことがある
[check]昔、膝の靭帯や半月板を痛めたことがある
[check]O脚である
[check]膝によく水が溜まる
[check]曲げ伸ばしすると膝がポキポキと音がする

などがあります。

膝の痛みで、もしあなたが3回の治療で症状の変化がなかったなら、そこでは改善しないかも知れません。
さらに、10回以上の治療で良くならないのならば、そこの治療方法があっていません。

ならば、あなたの治療方針を変えるべきです。
もう我慢せずに、その辛い膝痛の根本改善をしませんか?
あなたが、上記の項目で1つでも当てはまるならば、北九州整体院がお力になれます。

もし、あなたがご自分のお身体をよくすることを諦めたなら、このページを閉じてください。

もし、あなたが、ご自分のお身体に不安があり、本気で身体を変えたい、健康な体が欲しいと思えば、このページを続けてお読み下さい。

膝痛(膝の痛み)と不安でお悩みのあなたへ

膝痛と言っても、膝の内側が痛い場合、膝の外側が痛い場合、膝の真ん中の深部が痛い場合と、痛む箇所によって、治療ポイントが違ってきます。

治療院や整骨院において、これらのことを明確に区別して施術するところは少ないのではないかと思えます。

当院はこれらを区別し、それぞれ最適な治療ポイントを見出していきますが、共通するポイントとして、意外に見落とされているのは膝以外です。

共通するポイント

もともと膝関節は足関節と股関節の関係はとても深いものです。

①特に足裏を緩めますと、足関節の自由度が回復され、それだけで膝への負担が減ります。
ですから、膝のどの部位が痛もうと、足裏へのアプローチは必要なのです。

②それと同じ見解で股関節へのアプローチが必要となります。
股関節を支配する主な筋肉が殿部にあるため、殿部へのアプローチとなるわけです。(膝内側が痛む場合は腹部のアプローチが必要となる場合もあります)

③また、不良姿勢や歩き方へのアプローチも見逃してはなりません。長年の悪い行動習慣が膝の痛みに影響していることは、患者自身が自覚していることだと思います。

これら共通するポイントを含んだ上で、膝の治療ポイントへのアプローチとなるわけです。
だから、膝が痛いからと言って、治療院等で膝周りだけのマッサージで終わったり、周辺に電気をかけたりしても、良くなる確率が低いのは当然です。

手術しかない?

人工膝関節も進歩しておりますが、そこまで必要になる、というのは適切な治療法に巡り逢えなかったと思います。

事故などで膝関節が破壊されない限り、人工膝関節は最後の手段ではないでしょうか。

軟骨が磨り減り、もはや手術しか方法はない、と言われたとしても諦めないでください。

骨折や脱臼、感染症のリスクを除外するためにも、膝が痛くなったら、まずは医療機関で受診してください。

一般的な膝痛(膝の痛み)の治療法

膝の痛みを改善する方法は、医療機関での治療、セルフケア、整体やカイロプラクティックなどの民間療法など様々な治療法があります。
大きく分けると、手術を行わない保存療法と手術療法に分けられます。

ひざの痛みの保存療法

  • ひざの痛みの薬物療法
    • 鎮痛剤、湿布
    • 関節内注射(ヒアルロン酸・ステロイド)
  • 膝の運動療法
    • 筋力トレーニング(水中歩行など)
    • ストレッチ
  • その他の治療法
    • 装具療法(インソール、サポーター)
    • 整体、カイロプラクティック、マッサージ
    • サプリメント(グルコサミン・コンドロイチンなど)

手術療法

  • 骨切り術
  • 関節鏡手術
  • 人工関節置換術

このように膝痛(膝の痛み)の治療には多くの治療法があります。
その理由はひざの痛みの原因にあります。

一般的な膝痛(膝の痛み)の原因

一般的(整形外科的)にひざの痛みの原因は、骨や軟骨の変形です。
X線などの画像所見で異常が見つかれば変形性膝関節症などの診断名が告げられます。
そして、変形性膝関節症などのひざの痛み(骨や軟骨の変形)の要因として、老化・遺伝・使い過ぎ・体重の増加などがあります。

ひざの痛みの原因が骨や軟骨にあると考えれば当然、骨や軟骨に負担をかけないための治療法を勧め、最終的には原因である骨を手術によって補修したり人工関節に交換します。

言い換えれば、ひざの痛みは進行性の疾患なので症状を遅らせることはできても、手術をしなければ治らないということです。


骨に異常がなくても痛い人もいれば、骨に異常があっても痛くない人もいます。
でも、実際は違うことが多くあります。

手術をしなくても治る人もいれば、手術をしても治らない人もいます。

本当に、骨や軟骨の異常は痛みの原因でしょうか。

膝痛(膝の痛み)と整体

病院などの医療機関では、主に骨や軟骨の異常に注目しますが、整体では、骨を支えている筋肉に注目します。(注:ここでは、北九州整体院の整体を整体と表記します)

痛いのは骨や神経ではなく、その周りの筋肉(ここでは筋膜、靭帯を含む)が痛いという考え方です。
膝が痛い人に共通しているのは膝関節周辺の筋肉の緊張です。
ひざの痛みの人は膝関節の筋肉をはじめ、太ももやふくらはぎ、腰の筋肉などが硬く緊張しています。

この緊張している筋肉を緩めることができれば、ひざの痛みを改善することができます。

筋肉が緊張して過度に収縮すればするほど痛みは強くなり、筋肉の拘縮(収縮して元の状態に戻らない)が続けば、症状は慢性化します。
縮んで硬くなっている筋肉は、無理に伸ばそうとする力が加わった時に痛みを発します。

北九州整体院では、拘縮した筋肉に直接アプローチして痛みと動きを改善します。

骨格のゆがみは、骨を支えている筋肉のバランスが崩れているからゆがむのです。
痛みを感じているのは、骨の周りの筋肉が緊張しているから痛みを感じるのです。

北九州整体院では、拘縮している筋肉を緩め、体を治る状態にするのが目的です。
ひざの痛みに、老化・使い過ぎ・体重の増加などは直接関係ありません。

整体で改善できる膝痛(膝の痛み)の症状と3つの整体効果

北九州整体院では、膝関節周辺の筋肉の状態や、その人の痛みなどで判断します。
筋肉の状態を元の健康な状態に戻し、痛みを改善します。

整体で改善できる膝痛(膝の痛み)の症状

整体で対応できる症状は、外傷・腫瘍・感染症・内科系疾患等を除く筋肉に関する症状全般です。
筋肉・腱・靭帯の痛み、こり、しびれ、違和感、動きを改善します。

具体的には、階段を上る時、立ち上がる時のひざの痛み。しゃがめない、屈めない。など、膝に力を入れると痛い、動くと痛い、動かない、動きずらいという症状です。

また、膝痛(膝の痛み)は、膝だけ痛いというケースは少なく、多くは、お尻や太もも、股関節や腰にも痛みがあります。

北九州整体院では、膝痛(膝の痛み)だけを見るのではなく、体全体の筋肉の緊張を緩めます。筋肉のバランスが整うと姿勢や歩き方も改善していきます。

筋肉の緊張を緩めることで得られる整体効果

整体に求められる効果で多いのは、痛み・動き・姿勢(歩き方)の改善です。
実は、この3つは関連していて、痛み・動き・姿勢の順に改善していきます。

整体効果1.膝痛(膝の痛み)の不安

膝が痛いと、階段の昇降や、歩くことがつらくなります。
そして、痛みが長引けば長引くほど、痛みに対する恐怖や不安が大きくなります。
悪化したら歩けなくなる、膝の痛みを治すには手術しかない、という環境にいたら治るものも治りません。

整体では、症状ではなく、あなたという人に向き合い、正しい情報や整体技術を使って痛みと痛みに対する不安を解決します。
痛みは筋肉の緊張であり、筋肉の緊張は心の緊張(不安や恐怖)です。

整体効果2. 膝関節の動きについて

体は動かさないと動かなくなる。これは、リハビリ経験がない人でもわかるとおもいます。
実際に痛くて動かないでいると股関節は固まって動かなくなります。これは確かに事実です。

なかには股関節痛には運動療法が効果があるからといって痛いのを我慢して歩かせたり、ストレッチをさせたりする治療家もいます。
しかし、痛いのを我慢しながら動かすと逆効果になります。

痛みと痛みに対する不安がなくなれば、みんな体を動かしたくなります。
体を動かしても痛くならないことがわかれば自信がつき、もっと動かすようになります。

そして、体は動かせば動かすほど動くようになります
整体はその状態になるきっかけをつくります。

整体効果3. 姿勢(歩き方)

股関節痛の方が特に気にされるのが、脚の長さの違いや歩き方です。
まず、脚の長さの違いですが、脚の長さの違いは、骨や軟骨とは関係ありません。
軟骨は数ミリしかありません。
自分で簡単に直すこともできます。

ただ、歩き方については、少し時間がかかるかもしれません。
長年痛みをかばって歩いていると体は自然な歩き方を忘れてしまいます。

歩くという動作は、股関節だけでなく、腕、肩、腰…など全身の筋肉を使います。
全身の筋肉の連動がスムーズに行われないと自然な歩き方にはなりません。
北九州整体院では股関節に痛みがあっても股関節だけを見るということはしません。
体全体の動きを見てバランスや状態を整えます。

整体で対応できる症状をわかりやすくいうと、力を入れたり動かすと痛い、動かない、動きずらいという筋肉に関する症状を改善します。

また、筋肉の緊張を緩め、筋肉のバランスが整うと姿勢や歩き方なども改善していきます。

自宅でセルフケア

自宅で簡単にできるセルフケアをお伝えしますので、お試しください。

お勧めのコース

整体コースを、お選びください。
なお、初回の方はさらに初回検査+ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203