腱鞘炎

こんな症状に悩んでいませんか?

  • 毎朝、指の痛みを繰り返すので朝起きるのが億劫になる
  • 痛みに我慢して注射を繰り返したが効果がみられない
  • 赤ちゃんを抱っこする時に、手首が痛くて抱っこできない
  • 痛みをかばう為、仕事の能率が悪くなった
  • 病院で電気とレーザー治療を受けたが、効果がなかった
  • テーピングやサポーターで固定しても良くならない

今すぐできる、腱鞘炎の簡単チェック!

①手首の腱鞘炎 チェックテスト

アイヒホッフテストで、痛みの出る部位によって手首のみの腱鞘炎なのか、ひじの腱鞘炎も併発しているのかを大別できます。

①手首の腱鞘炎 チェックテスト

アイヒホッフテストのやりかた

1.手の親指を手のひら側に曲げます。

2.親指を隠すように手を握ります。

3.ひじを伸ばした状態で手首を小指側に曲げます。

アイヒホッフテストの結果

手首の親指側に痛みが出る場合

A.手首の親指側に痛みが出る ⇒ 手首の腱鞘炎
B.手首の親指側に痛みが出ない ⇒ ひじの腱鞘炎


1.親指をまっすぐ上に延ばし、野球のアウトサインをします。
⇒痛みが出る場合、短母指伸筋の腱鞘炎の可能性が考えられます。

2.親指を外側に広げます。
⇒痛みが出る場合、長母指外転筋の腱鞘炎が考えられます。

②指の腱鞘炎 チェックテスト

A.指がスムーズに動かず、指のつけ根に熱感や腫れがある ⇒ 指の腱鞘炎
B.指を曲げたときに引っかかる感覚がある ⇒ 指の腱鞘炎
C.曲がった指を伸ばそうとすると、ばね指のようにカクンと戻る ⇒ 指の腱鞘炎
D.指はスムーズに動き、指のつけ根に熱感や腫れがない ⇒ 指の腱鞘炎はありませんが、ひじか指に付着している筋肉の腱鞘炎を起こしている可能性があります。

手首と指の腱鞘炎

手首の腱鞘炎発生の過程

右の図は親指の使い過ぎから腱鞘の炎症、手首の腫れ痛みのメカニズムをあらわしております。

ばね指とは

腱鞘炎とは腱と腱鞘の間に起こる炎症です。手指に起こる「ばね指」は腱鞘炎の一つです。

腱は腱鞘という鞘の中を通っていいますが、通常は摩擦がなく手指の屈曲は滑らかに動くことができます。

その部分になんらかの炎症が起こっていると腱鞘のすべりが悪くなり摩擦が生じてしまいます。そのとき痛みとして感じます。

この炎症の起こる原因としては、手や指の使い過ぎと言われています。手や指をたくさん使う職業を持った人に起こり易いと言われています。ほかに執筆活動や家事、介護、乳児のだっこなどからも起こり得ます。

原因が解消できれば手術なしで改善する?

腱鞘炎には原因があります。その原因が解消されれば、どんな腱鞘炎であっても改善していきます。そのために手術は必要ないと思います。

あなたの腱鞘炎がこれまでに治っていないのは、腱鞘炎の原因がきちんと解消されていなかったからです。

病院や整形外科では、腱鞘炎の原因を使いすぎによる炎症と説明されることが多いようです。ですから、安静にしながら湿布・サポーター・テーピング・電気治療・注射などをおこない、これらの治療で治らなければ、手術を勧められます。

しかし、これらをしても腱鞘炎が改善しないのは使いすぎていることが痛みの原因ではないからです。もし、使いすぎが原因ならば、あなたと同じ仕事や作業をしている人は全員、腱鞘炎になるはずです。

腱鞘炎の痛みは筋肉の硬さから

私たちの手の指が動くときには、指だけで動いているのではなく、腕の筋肉が硬くなることによって指の腱を引っ張り、指が動くようになっています。


しかし、様々な要因によって腕の筋肉が硬くなってしまうと、腱を引っ張り続ける状態になります。

この状態が続くことによって、腱が太くなってしまったり、むくんでしまい腱の通り道である腱鞘と擦れるようになります。

これが繰り返されることで腱鞘炎が起きるのです。※ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)も同様の原因で起きる症状です。

この状態がさらにひどくなると、太くなった腱が腱鞘を通ることができなくなって指が曲がらなくなりバネ指になります。

ですから、腱を引っ張っている筋肉を緩めて腱への負担を減らしてあげると、元の細さに戻り、腱鞘炎は改善されます。

このように腱鞘炎の痛みの原因は、筋肉なので、手術しかないと言われた方であっても、筋肉を緩めることで痛みが改善されていくケースが多いのです。

腱鞘炎になる主な原因は

当院の臨床経験から主な原因を挙げてみます。

  • スマホ操作
    スマホを使うとき、片手の親指ばかり使って操作している方も少なくないと思います。それを長時間続けてると親指が酷使され、腱鞘炎になってしまう可能性が高くなってしまいます。
  • パソコン作業
    長時間のPC作業も指に負担がかかります。中でもタイピングが強いほど、腱を激しく動かしていることになるので、腱鞘炎になってしまう可能性が高くなってしまいます。
  • 長時間のゲームプレイ
    キーボードのタイピング操作や、連打が必要なゲームは指を駆使するので、腱鞘炎になりやすくなってしまいます。
  • グリップやボール等を握るスポーツをする
    グリップやボールを握る動作は指や手首に負担が掛かりやすく、打つ、投げるといった動作で衝撃が、負担を大きくしてしまうからです。
  • 上記の他にも、文字を多く書く人や、出産後の子育て中の女性、指を使う楽器を使う人も腱鞘炎になりやすいでしょう。

また、当院の臨床で腕の捻じれを伴う腱鞘炎の方が多いのも特筆すべきことです。(指の関節のズレや捻じれ、および前腕の捻じれ)

※心当たりの方は当院の整体施術で辛い痛みから解放されて下さい

治療方法が間違っていると、治らない

また、腱鞘炎の原因がわかっていても、その原因を解決するための治療方法が間違っていると腱鞘炎の痛みは治りません。

北九州整体院では、これまでにどこに行っても良くならなかった方をく診てきました。その患者さんからこれまでに行ってきた治療方法をお聞きすると、

  1. 消炎鎮痛剤
  2. 装具での手首や指の固定
  3. ステロイド注射
  4. 電気・超音波・レーザー治療
  5. マッサージやストレッチ

などが挙げられました。私たちは、この治療方法を否定しているわけではありません。しかし、もしこれらの治療方法を続けていても効果が出ていないのであれば、今後その治療を続けていっても指の痛みが治るとは思えません。

特に指の痛みがあるときに、注射や電気治療・マッサージ・ストレッチなどの強い刺激の治療を行なっていることで治りづらくなっていたり、かえって、悪化させてしまっている患者さんも診てきました。

病院や整形外科では、腱鞘炎という症状に対してどのように治療をしていくのか?が決まっています。ですから、基本的にはどんな腱鞘炎に対しても同じ流れで治療をおこなっていきます。

北九州整体院では、一般的に言われていることをやってきて治らないのであれば一般的な腱鞘炎の原因にそって治療をするのではなく、その人に向き合って治療をしていく必要があると考えています。

原因を探り、仮説と検証を繰り返して、その方と対話をしながら治療していくことを大切にしています。

上手くいけば正しい。上手く行っていないのであれば、何が治りを妨げているのか?などを一緒に考えていくことでどんな状態の腱鞘炎でも改善することができると思います。

お勧めのコース

院長整体コースもしくは整体コースを、お選びください。
なお、初回の方はさらに初回検査・ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203