産後骨盤矯正/産後の整体

産後の不調は産後骨盤矯正で解決!

出産後は、多くの不調が現れ、身体的にも、また精神的にも、悩んでいる方も多いです。
特に、腰痛や尿漏れ、倦怠感などでお悩みのようです。
出産以前のスタイルに戻りたいといったお悩みの根本改善を目指せる施術が「産後骨盤矯正」です!

 

 

あなたは今、以下のような気になる事がありませんか?

そのお悩み、北九州整体院にお任せください!

整体院をお探しということは、きっと上記のような症状に悩まれていることと思います。

実際にに当院へ来院された方の多くが、肩や腰の痛み、そこからくる頭痛に悩んでおられました。

色々な治療院に行ってみたけれど症状が改善されなかった方、整体に興味はあるがよくわからず踏み込めない方、そして、「この産後の不調は何をしても改善しないだろう」と諦めてしまっている方は、ぜひ当ページをご覧になってください。

産後、どうして骨盤が開くの?

妊娠をすることで、子宮内でどんどん成長していく赤ちゃんのために、少しずつ骨盤が開いていきます。
これは、リラキシンの作用により骨盤・恥骨結合部を柔軟にして産道を広げ、出産を助けます。
そして、産後に開いてしまった骨盤は、体幹の筋肉の働きなどによって徐々に元に戻ろうとしますが、産後からの育児によって今までよりも骨盤に負荷がかかってしまうことで、骨盤にズレを生じたり、骨盤が妊娠前の状態に戻りにくいということが起こってしまいます。

骨盤には右図のような仙腸関節とよばれる関節が存在しますが、この関節は通常、2~3ミリ程度の可動性しかないといわれ、不動の関節という、動きのない関節だと言われています。
この仙腸関節に加え、恥骨結合と呼ばれる骨と骨を靭帯とよばれる繊維の束でつないでいる結合部分があります。
そもそも、関節と名前がついていないので、ただ骨をつないでいて、ほとんど動きのない珍しい部分です。
この仙腸関節と恥骨結合の2か所が、出産時に女性ホルモンの働きで靭帯がほんの少し(9ミリ程度)緩むことによって、通常ほとんど動かない部分に動きが生まれ、産道を赤ちゃんの頭が通れるくらいにまで広げることを可能にしています。

そして、出産時にユルユルで不安定になった骨盤は、赤ちゃんの頭を通すという大役を務め、今まで経験したことのない範囲にまで関節を動かしたため、とても大きなダメージを受けていることが想像できます。

骨盤が開くのは、出産時に赤ちゃんが通る時だけで、通り抜けてしまえば靭帯に弾性があるので、骨の位置関係はある程度まで元に戻るのが一般的です。
なので、出産後に骨盤が開きっぱなしになっていることは考えにくく、あくまでも出産のダメージとして、筋肉や関節の損傷が残っているのではないか?と考えています。

そして、この損傷が残ったまま赤ちゃんを抱っこしたり、授乳などで背中を丸めるなどの良くない姿勢を多くとることで、腰や肩、首などの関節や筋肉にさらに負担がかかり、痛みなどの症状に繋がっている可能性が高いのです。

だからといって、出産後、損傷が治癒するまで、じっとしていることは、現代社会の子育て家庭ではかなり難しいのが現状ですよね。

そんなママのために、北九州整体院の産後骨盤矯正コースを準備しています。

産後骨盤矯正の必要性

産後1ヶ月以内の関節が柔らかいうちから骨盤矯正を始めると、妊娠中の重心の変化や産後の歪んだ姿勢や骨盤を整えやすく、妊娠前からある慢性的な姿勢や骨盤のゆがみも治しやすくなります。

出産後は妊娠中や妊娠前にゆがんだ骨盤を整えるチャンスでもあり、より矯正の成果がでます。

出産後は今までなかった症状が出ることがあり、産後で多い症状として骨盤の前傾がきつくなります。
腰痛や肩こり、頭痛、膝の痛み、股関節の痛み、恥骨の痛み、手首の痛み、たくさんのホルモンが分泌されるため自律神経の症状なども出やすくなります。

産後、体型がどんどん崩れていくのはナゼ?

産後の歪んだ骨盤は骨盤周りの機能を圧迫し、内蔵機能を低下させるため、血行や代謝、エネルギーの吸収率にその影響が及びます。
更に妊娠中、運動ができないので筋肉が落ちます。
個人差はありますが、基礎代謝量が15%~20%も落ちると言われていて、産後の内蔵を血行や代謝、エネルギーの吸収率にその影響が及びます。

要するに産後は、便秘や足の冷え、むくみ、脂肪燃焼しにくくなるため、太りやすい上に痩せにくい体質に変化している可能性が高いのです。

動けない、疲れがち、体力がなくなる

産後は、関節のズレや、ゆるみで力が入りにくい状態で動けなくなる方もいらっしゃいます。

また、筋肉の低下から疲れやすく、ズレやゆるみによって一つ一つの動作にエネルギーが多く消費されるため、体力もなく疲れやすいです。

産後のイライラ

産後はホルモンバランスが安定してないため、自律神経のバランスが乱れ、ストレスに影響されやすい状態です。

この環境が続くと産後うつや、ノイローゼ、自律神経失調症など育児していく生活で様々な支障を起こすこともあります。

当院の産後骨盤矯正

一般的に整体は、ボキボキされ、痛そうで怖いイメージをお持ちの方が多いようです。
北九州整体の産後骨盤矯正はギューギュー、ボキボキなしのソフトな施術法です。
なお、施術は循環骨盤矯正(疲労回復整体)がベースとなります。

産後骨盤矯正のよくある質問(Q&A)

  1. Q:産後6ヶ月以上経っていますが、産後骨盤矯正の効果ありますか?
    A:はい。あります。出産後1、2年経っていても効果はあります。10年以上経っていても、時間はかかりますが、骨盤をいい状態に戻すことは可能です。

  2. Q:いつまで産後骨盤矯正を受けられるのですか?
    A:骨盤が緩んでいる1ヶ月〜半年の間に定期的に受けるのが理想です。
    産後骨盤矯正終了後も、日常生活でも歪みは生じる可能性があるので、1ヶ月に1度ゆがみの矯正を行うことで様々な症状を予防することができます。

  3. Q:1度の産後骨盤矯正で改善するのですか?
    A:ある程度まで調正することは可能ですが、座り方や荷物の持ち方などのクセを直さなければ、元の骨盤の歪みに戻ります。
    そのため、お一人おひとりの骨盤の状態や生活習慣をお聞きして、アドバイスをさせていただきます。

  4. Q:どのくらいの周期で産後の整体・骨盤矯正コースを受けるのがいいですか?
    A:産後の骨盤は歪みやすく戻りやすいので、理想としては、出産後1ヶ月経過してから、最初の2ヶ月は月に2回。その後は、残り3ヶ月間は月に1回を繰り返すことがよいでしょう。
    なお、産後の体形不良が大きい場合の改善は間隔を詰める必要があります。

  5. Q:生理の場合でも産後骨盤矯正は出来ますか?
    A:はい。受けることが出来ます。

  6. Q:産後骨盤矯正後に体のだるさが出てきたのですが、大丈夫でしょうか?
    A:大丈夫です。好転反応といい、施術後の反応のひとつです。今までと違う状態になるため体が違和感で反応するのですが、数時間〜数日で解消され、施術前の状態より楽になります。
    もし、ご心配でしたらご連絡下さい。

  7. Q:産後骨盤矯正後はどういうことに気をつけたほうがいいですか?
    A:足を組んだり、横座りしたり、柔らかいソファーに座ったりするなど、身体の歪みになることを避けてください。

当院の予約方法

産後の整体・骨盤矯正コースを、お勧めします。
※初回の方はさらに初回検査+ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203