冷え性

冷え性とは

身体は、あたたかくても手足は冷たく感じたり、一旦身体を冷やすと手や足の先がなかなか暖かくならない状態をいいます。

血液が流れにくくなり、いわゆる血行不良となっているのです。

人には、体温を調節する機能がありますが、エアコンなどの使用により、その能力が低下し自律神経の働きを阻害しているようです。

冷え症のタイプ 症状と原因

冷え症のタイプは主に4つに分かれるといいます。

腰から下が冷える―下半身型
手足足先が冷える―四肢末端型
お腹が冷える―内臓型
全身が冷える―全身型

下半身型

足先からお尻や腰までの下半身が冷えるタイプ。
中高年以降の男女や、特に更年期の女性に多く見られます。
下半身の血流が減少するため冷えが生じますが、下半身に回らない血液が上半身に偏り、顔のほてり、のぼせ、発汗など、冷えのぼせを起こします。

老化による動脈硬化や筋肉量の低下が原因で、下半身の血流が減少すると考えられます。

四肢末端型

手足の先まで血液が循環しないことから、手足に冷えを感じるタイプ。
10~20代女性に最も多く、疲労や無理なダイエットが背景にある可能性があります。
しもやけ、立ちくらみ、ニキビ、月経トラブルが起こりがちです。
筋肉量も低下しています。

食事の摂取カロリー不足や運動不足で、熱をうまく作ることができません。
体温を守る防御反応が働いて、血管を強く収縮させてしまい、交感神経が優位になっています。
四肢末端や皮膚表面の血流が低下するため、血液が体幹部や脳に集まり、頭痛や腹痛を引き起こすことがあります。

内臓型

内臓、特に消化管が冷えるため、下腹部が冷え、腸にガスが溜まりやすく、腹部の膨満感を訴える人も。
中高年に多く、食欲が旺盛で、肥満傾向にある方に多いタイプです。
主に交感神経の働きが弱いことが原因で起こる。
手足は温かいが、下腹部や二の腕に冷えを感じたりする。
お腹を下したりする症状を伴う。
また、内臓型がひどくなると低体温になります。

寒いときは体温を保つために手足や皮膚の血管を縮めて血流の放熱を防ぎ、中心部に血液を集めるのが本来の反応です。
ところが、内臓型冷え性は、自律神経のバランスにおいて、副交感神経が優位なため、その反応が起こらず、寒いときでも熱を放散するため、手足が温かいまま深部体温が低下すると考えられます。

全身型

ストレスや生活習慣の悪化によって、基礎代謝の低下が原因となって起こる。
寒がりで、年間を通して全身が冷えている虚弱タイプです。
四肢末端型よりもさらに熱を作る能力が少なく、熱量そのものが不足しています。

慢性的なストレスや不摂生、病気などによる体力低下、基礎代謝の極端な低下などが原因です。
また、甲状腺機能低下症が隠れていることも多く、甲状腺ホルモンの補充が必要な場合もあります。

こんなことに注意

  • 衣類(靴)
    下着もふくめて、身体を締め付けたり窮屈な服装は、着用しない。
  • 運動不足
    血液の循環が悪化し、新陳代謝をにぶらせる。
  • 食べ物
    季節ごとの旬の野菜や魚を口にしましょう。旬のものには、その時々に必要な栄養分が多く含まれています。
    ファースト・フード等は、おすすめしません。
  • 入浴
    浴槽に浸かって身体を温める習慣がなくなり、シャワーですましていませんか。

簡単にすぐできる運動

あお向けで手足を天井に挙げてブルブル、

冷えに効果抜群ですよ!

目が覚めたらベッドでブルブル、

夜寝るときベッドでブルブル、

習慣にしましょう。

来院のタイミング

首・肩がこる、疲れやすい、不眠、生理不順、下痢しやすい等のある方は早めにおこしください。

※冷え性の場合、手先・足先だけでなく、身体の体液循環を良くしていきます。そのため、循環促進を目的とした骨盤調整も行います。

YouTube動画はこちら

お勧めメニュー

整体コースをお勧めします。
なお、初回の方はさらに初回検査+ヒアリング無料10分をお選びください。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203