バスケットボールの試合で腰痛発症、明日も試合があるので何とかして下さい。小学生12歳

北九州整体院の腰痛の施術例です。

あなたの症状回復への参考になれば幸いです。

※当院の施術例であり、効果を保証するものではありません。

不調者さん

K・ホコさん 12歳 小学生バスケットボール選手 岡山県倉敷在住

症状

ヒアリング

試合中に慢性腰痛が発症した、明日の試合に出場できないほどの痛みになった。

痛みの場所確認

主訴は試合中に左臀部付近の痛みが発症し、試合が終わっても痛みが治まらず、明日の試合に出場できそうもない。とのことで

触診すると、左の仙腸関節に圧痛がある。周囲も軽い放散痛があった。

また、左のふくらはぎが異常に硬く、足首の可動域の低下がある。

主訴の原因調査

明らかに仙腸関節の転位(ズレ)と判断。他に足首のROM検査(関節可動域検査)で陽性。

脊柱起立筋のハリが見られた。

施術内容と経過

施術内容

(左側)足根骨の調整と仙腸関節の調整を行い、脊柱起立筋をほぐす。

施術後

初回で、主訴の腰痛が完全に解消した。

院長のコメント

仙腸関節の転位(ズレ)は子供から大人まで幅広く発生しています。

無理な姿勢をした場合や身体の歪みがあると、発症しやすくなるのでお気をつけください。無理をされないよう、お過ごしください。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203