立ち上がることも困難な状況です。男性 42歳

  • 北九州市小倉南区 事務
  • 予約時の患者さまのメールメッセージ
    座骨神経痛で整形外科や整骨院にいってますが改善が見られません。立ち上がることも困難な状況です。咳をするだけで激痛が走ります。痛くて夜もあまり寝られません。
  • ヒアリング・検査で確認できた事
    左股関節の痛み、可動域も悪い。左足の甲から指にかけシビレ、第3~5指のしびれ。左腓骨筋の痛み。左脚ふくらはぎの痛み。左小殿筋の痛み。左腹斜筋の痛み。また、左右のハムストの拘縮があった。
  • 見立て
    坐骨神経痛もあるようだが限定的である。ふくらはぎや足のの痺れは腓骨の可動性の低下に伴う周辺筋肉の拘縮である、坐骨神経痛の影響は少ない。
    左側の腓骨・足首のねじれで、骨盤深部の歪みが起こり、坐骨神経痛が発症していると仮定。
    最近、一歳の子供を左で抱っこすることが多いとのこと、不慣れな姿勢で筋肉を傷めているのではないかと推察できる。
  • 整体施術と経過
    筋肉疲労の緩和のため筋ポンプ操法で足、腓骨筋、小殿筋をほぐし、腓骨と足首の捻じれ矯正をした。初回で自発痛は50%緩和し、正常に歩けるまで回復した。
  • 考察と今後
    子供の子守で筋肉疲労を蓄積し易い環境があるため、完治するまで集中治療が必要と判断し、患者さまへ提案。頻度は、一週間間隔で2回、2週間間隔で2回の予定。

    ※北九州整体の坐骨神経痛の症例であり、効果を保証するものではありません。

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203