股関節痛で整形外科医院に受診したが、異常なし・・・女性 57歳

  • 2017年10月に北九州市小倉南区から来院の主婦
  • 来院に至った経緯
    重ぐるしい痛みや違和感
    以前から骨盤から太ももにかけて、重ぐるしい痛みや違和感が時々起こっていた。
    1週間前から痛みだしたため、整形外科医院を受診した。レントゲンの画像診断で異常なし。痛み止め薬で応急処置。
    まともに歩くことができないことも時々あり、近くで股関節痛を診てくれそうな治療院をインターネットで探し北九州整体院を見つけて来院した。
  • ヒアリング・検査で確認できた事
    左股関節の他動内旋で可動域制限(標準40°が制限20°)があり。他動の伸展屈曲で重い動き。大腿骨頭の外側の出っ張りは左が大きい。
  • 見立て
    左股関節の大腿骨頭の外側の出っ張りは左が大きいことから、関節のズレ(亜脱臼)の可能性がある。それが伸展屈曲で重い動きに表れていると思われる。
  • 整体施術と経過
    自然治癒力を上げるため、リンパ・血液循環回復の整体操法を行なう。身体の弾力性が向上し、筋肉・筋膜も緩んだところで、左股関節のズレ修正の整体操法を実施。
    結果、内旋で可動域制限が標準40°。整体操法前20°→整体操法後30°に改善、伸展屈曲で重かった動きも50%以上解消した。
    患者さんに日常生活で痛かった動きをしてもらうと、痛みが再現しなかった。
  • 考察と今後
    左股関節のズレがなぜ起きるか原因不明である。身体全体のアライメントの異常が感じられるが、決め手はなかった。
    可動域制限が標準40°に達していないので、さらに調整をする必要がある。
    続けて一カ月間、整体操法を続けることを提案。腓骨の歪みの調整もあり、1週間に一回のメンテナンスの予定。

股関節痛/太ももの付け根の痛みについて詳しくはこちら

股関節痛/太ももの付け根の痛み

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203