肘の痛み、ゴルフ打ちっぱなし練習スイングで左肘が激痛 男性53歳

北九州整体院のゴルフ肘の施術例です。

あなたの肘の痛みの回復への参考になれば幸いです。

※当院の施術例であり、効果を保証するものではありません。

不調者さん

H・繁俊さん 53歳 男性 不動産賃貸オーナー 北九州市小倉北区

症状

ヒアリング

左の上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)の部分に痛みが発症。ゴルフ歴20年、ゴルフの打ちっぱなしの練習は週4回程度、一回に300球、痛みが出てから練習中止。

身体のしなやかさの検査

身体の機能検査で弾力性が少ないため、疲労回復力は当院基準に対して悪いと判断。⇒循環骨盤整体(疲労回復整体の一部)+足根骨・手根骨の調整が必要。

左上腕骨外側上顆の靱帯、および筋肉の硬結などの検査

肘の靱帯・筋肉を触診すると、外側上顆の靱帯の痛み、椀橈骨筋・上腕三頭筋長頭に硬結・痛みがあった。⇒靱帯・筋肉の調整が必要。

左手首関節の可動性(ROM)検査

可動性悪く陽性⇒手根骨の調整が必要。

施術内容と経過

施術内容

循環骨盤整体(疲労回復整体の一部)+足根骨・手根骨の調整を行い、身体のしなやかさおよび左手首関節可動性(ROM)を回復。

外側上顆の靱帯、椀橈骨筋、上腕三頭筋長頭の調整を行い、痛みはかなり解消した。

施術後

2回目で、痛みは70%くらい解消した。

但し、練習を再開すると炎症で症状が戻る可能性が高いことから当面は練習休止、一週間に一回の施術が必要。

調整した主な関節・筋肉

後頭骨、仙骨、頸椎、足首関節、手首関節、関節に付着する筋膜・筋肉

上腕骨外側上顆の靱帯、椀橈骨筋、上腕三頭筋長頭

同時に回復した症状

左手首の可動性が上がった。

 

院長のコメント

ゴルフ肘(左上腕骨外側)になりやすい人のスイングは、手首に過度な負荷が掛かっていること多いと言われております。

ゴルフ肘も、放置しておくと、最悪の場合手術が必要になることがありますので、スイングフォームや練習量の見直しをされてはいかがですか。

 

※当ブログをお読みになっている方で肘の痛みまだ治療をされていない方は、お気軽に当院でチェックされてみてください。

肘痛/肘の痛みについて詳しくはこちら

肘痛/肘の痛み

この記事に関する関連記事

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203