股関節痛『太ももの付け根が痛い』とは?

  • 歩くと『太ももの付け根』が痛い
  • 椅子から立ち上がる時『太ももの付け根』が引っかかる
  • 階段の昇り降りの時に体重をかけると『太ももの付け根が痛い』
  • レントゲンでは異常なしと言われたが『太もも 付け根』は痛いまま
  • 電気治療やマッサージをしても『太ももの付け根の痛み』良くならなかった

『太ももの付け根の痛み』又は、股関節周りに痛みが出るのは様々な原因があります。

股関節は体の中で一番大きな関節で、上半身の体重を受け止め、歩行や立ち座りなど日常生活では酷使している関節です。

股関節
出典:google.co.jp

 股関節は上半身と下半身をつなぐ、身体のうちで最も大きい関節であり、可動域は広く、股関節はからだの運動や支持において、かなりの負荷が掛かる関節なので、多くの靭帯と強靭な筋肉によって常に安定性を保っています。
ですから、負荷が掛かり続けることで周辺の筋肉は過剰に緊張してしまったり、不均衡を起こしやすくなります。

普段の何気ない日常生活の習慣や癖などによって負担がかかります。

特に、スポーツや足を組むなどの日常的な反復動作、デスクワークのような持続姿勢などが原因になることが多いようです。

股関節周辺の痛みの原因は、股関節自体に問題がある場合と、股関節以外の原因から影響がある場合に大きく分けられます。

股関節痛でよくある訴え

・動き始め、歩き始めにももの付け根が痛む
・運動をした後、ももの付け根やお尻の横が痛い
・スカートやズボンの丈が左右で合わない
・段差があると、上がりづらい
・あぐらがかけない
・靴下をはきにくい
・寝返りを打つととももの付け根が痛い

股関節痛『太ももの付け根の痛み』の原因

①股関節の筋肉や関節の機能障害
股関節や骨盤のズレ、股関節付近の筋肉の柔軟性や機能が低下(機能障害)することによって痛みや違和感が起こることが多いです。
病気や明らかな原因が分からないのに症状がある場合に多く、当院に来院される方の多くがこのような機能障害によるものです。

②変形性股関節症
股関節を構成する部位の骨や軟骨が、何らかの原因で変形したり磨り減ってしまう病気です。
痛みが強くて歩けない状態が続くと、手術をすることもあります。
成人の股関節痛の中では一番多い原因といわれています。

③股関節脱臼
股関節が外れてしまう病気です。
外傷によるものと、先天性(生まれつき、または生後すぐから)のものがありますが脱臼後の関節や筋肉の痛みに対して施術すると改善することが多いです。

④股関節周囲炎
股関節周囲の筋肉や腱、関節包(関節を包んでいる袋)などが炎症を起こしている状態です。

  • 痛みの原因や症状名について記載しましたが、あなたに注目してほしいのは、股関節痛『太ももの付け根の痛み』になる人の共通点です。

それは、一言で言うと太もも、腰、殿筋をはじめとする股関節周辺の筋肉の緊張です。
股関節筋肉
出典:google.co.jp

極端な言い方をすると、筋肉の一部が動かない、筋肉が硬くロックしている状態です。
ロックして動かない筋肉を無理に動かそうとしたり、負荷や刺激を与えれば体は拒絶します。その拒絶のサインが痛みです。

はっきりとした怪我ではなく、何もしていないのにジワジワと痛みが強くなったり、それほどの強い負荷をかけていないのにギクッときたりする場合などです。

現代人のように、生活習慣が乱れ、常にストレスにさらされた状態になると、体の筋肉に緊張が蓄積してきます。つまり、からだが「ガチガチ」になってきます。

直立二足歩行する人間は、構造上からだを腰椎で支えているので、自然と腰付近に緊張が蓄積され、血行が不良となり、発痛物質がたまりやすく、許容範囲を超えると結果として股関節痛『太ももの付け根の痛み』が発症すると考えています。

 「疲労」や「生活習慣」により身体がゆがむ事により全身の体液循環が悪くなるからなのです。

人間は60~70%が「水分」(体液)で出来ています。
体液は血液・リンパ液・脳脊髄液などがあり、生命維持には欠かせないものです。
体液が体の中で『循環』されて老廃物を内臓を通して排除して栄養を体中に巡らせることで細胞を元気に回復させます。
細胞が元気な人ほど、この体液が滞り無く流れている状態です。

身体を良くするキーポイントは「体液循環」です。

骨格がバランスを崩してゆがむと、体内の血管やリンパ管(ホースのようなもの)が捻じれてしまい血管やリンパ管の流れが悪くなります。

では、循環を良くする方法は、運動、温める、睡眠などですが、即効性があるものとして、「バランスを整えてあげる事」が重要なります。

当院で施術する疲労回復整体は、ゆがんでバランスが悪くなっているからだを調整することで、症状の改善を目指します。
からだを改善させるには3つのポイントが重要です。
1:内臓の疲労
2:身体のゆがみ
3:体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の流れ

あなたの症状を作り出す根本原因とは?
・働きすぎ、過労
・寝不足
・運動不足
・不良姿勢、ねこ背
・ストレス

寝不足食べすぎ

冷えストレス


こんなことは、ありませんか?

悪い生活習慣が続くと、まずは内臓が疲労してきます。

全身に疲労物質が発生し、多くの疲労物質を内臓で処理しなくてはならないので、内臓が疲労して前かがみの姿勢になってしまいます。

猫背

アキレス腱
出典:google.co.jp

次に反射的にアキレス腱(足首)と首に負担がかかります。

立った時に、前かがみの姿勢では前に倒れてしまいますので反射的にアキレス腱や足首が前に倒れないように緊張してゆがみがを作ります。

それと同時に頭が前に突っ込む形になるので、頸椎(特に上部頸椎)に負担がかかり、ゆがみを作ります。



バランスが崩れると歪みが全身に発生します。
アキレス腱や首(頸椎)の歪みを補正しようとして、補正効果の大きい骨盤や他の関節が歪んでバランスを取ろうとからだが頑張る為にからだの歪みが全身に起こります。

骨格が歪むと、血管やリンパ管が捻じれてしまい全身の体液循環が滞りやすくなります。

骨盤はからだの中心にあって上半身と下半身をつなぐための土台であり、生活習慣や姿勢の癖などにより歪んでしまいます。

土台である骨盤が歪むことで、骨盤の歪みをからだの他の所でかばうため、頭痛・肩こり・腰痛・冷え性など全身の体調不良が起こる事があります。
画像の説明
出典:google.co.jp

特に女性は、妊娠や出産に備え、男性よりホルモンの影響を受けやすく靭帯がゆるみ、不良姿勢や運動不足、腰痛などにより骨盤周辺の筋力が低下したり、偏ったりしやすい傾向にあります。

循環が悪くなるとコリが発生し、筋肉が硬くなります。

その結果、様々な症状が発生します。

ですから、体の歪みを整える事で体液循環を良くすると様々な症状が改善されるのです。

バランスが良くなると、姿勢が良くなる、体液の流れが良くなる、症状が治りやすくなる、ケガをしにくくなる。

当院では、症状が出てくるまでの一連の流れを踏まえて、「あなたのからだのどこに負担がかかっていて、症状を出している根本原因は何なのか?」を探り、施術をしていきます。

股関節痛がひどくなる、3つの順番?

股関節痛『太ももの付け根の痛み』がひどくなるには、大きく3つの順番があります。
 
1.姿勢の悪さ、歩き方の癖など、からだに疲労がたまる

2.からだに疲労がたまることで、防御姿勢をとりからだがゆがみ、バランスを崩していく

3.股関節や周辺の筋肉に負担が蓄積することから、股関節痛を発症
 
以上のような3つの流れがあるのです。
 

治療方法が間違っていると、治らない

画像の説明

また、股関節痛の原因がわかっていても、その原因を解決するための治療方法が間違っていると股関節痛は治りません。

当院では、これまでにどこに行っても良くならなかった方を診てきました。その患者さんからこれまでに行ってきた治療方法をお聞きすると、

  1. 痛み止めの服用
  2. 消炎鎮痛剤
  3. ステロイド注射
  4. 神経ブロック注射
  5. 電気・超音波・レーザー治療

などが挙げられました。私たちは、この治療方法を否定しているわけではありません。しかし、もしこれらの治療方法を続けていても効果が出ていないのであれば、今後その治療を続けていっても股関節痛『太ももの付け根の痛み』が治るとは思えません。

特に痛みがあるときに、注射や電気治療・マッサージ・ストレッチなどの強い刺激の治療を行なっていることで治りづらくなっていたり、かえって、悪化させてしまっている患者さんも診てきました。

人によって、生活環境も違えばやっている仕事も違います。股関節痛は、いきなり痛くなるものではなく、これまでの生活習慣の結果が痛みに繋がっています。

手術を否定するつもりはありません。

手術

私たちも、手術を否定するつもりはありません。それが必要なこともあるでしょう。

股関節痛『太ももの付け根の痛み』の場合「注射が効かなかったら手術」と言われ、最終的には手術をすすめられる方が多いです。治らない中、手術しか方法がないと言われたら、このままの状態が続くのも辛いでしょうから迷う気持ちも分かります。

もしかしたら「早く痛みを取る」だけなら、時間がないから、休めないからというあなたにとっては痛み止めや手術はひとつの選択肢かもしれません。

当院には「手術をしたくない方」が来院されます。あなたの症状にも必ず原因があるはずです。その場しのぎの対症療法ではなく、根本的な原因にしっかりと向き合い、治療に取り組んでみてください。

股関節痛の症例

股関節痛で整形外科医院に受診したが、異常なし・・・

  • 2017年10月 北九州市小倉南区 女性 57歳 主婦
  • 来院に至った経緯
    骨盤から太ももにかけて、重ぐるしい痛みや違和感
    以前から骨盤から太ももにかけて、重ぐるしい痛みや違和感が時々起こっていた。
    1週間前から痛みだしたため、整形外科医院を受診した。レントゲンの画像診断で異常なし。痛み止め薬で応急処置。
    まともに歩くことができないことも時々あり、近くで股関節痛を診てくれそうな治療院をインターネットで探し北九州整体院を見つけて来院した。
  • 問診・検査で確認できた事
    左股関節の他動内旋で可動域制限(標準40°が制限20°)があり。他動の伸展屈曲で重い動き。大腿骨頭の外側の出っ張りは左が大きい。
  • 見立て
    左股関節の「大腿骨頭の外側の出っ張りは左が大きい」ことから、関節のズレ(亜脱臼)の可能性がある。それが「伸展屈曲で重い動き」に表れていると思われる。
  • 整体施術と経過
    自然治癒力を上げるため、リンパ・血液循環回復の整体操法を行なう。身体の弾力性が向上し、筋肉・筋膜も緩んだところで、左股関節のズレ修正の整体操法を実施。
    結果、内旋で可動域制限が「標準40°」整体操法前20°→整体操法後30°」に改善、伸展屈曲で重かった動きも50%以上解消した。
    患者さんに日常生活で痛かった動きをしてもらうと、痛みが再現しなかった。
  • 考察と今後
    左股関節のズレがなぜ起きるか原因不明である。身体全体のアライメントの異常が感じられるが、決め手はなかった。
    可動域制限が標準40°に達していないので、さらに調整をする必要がある。
    続けて一カ月間、整体操法を続けることを提案。腓骨の歪みの調整もあり、1週間に一回のメンテナンスの予定。

北九州整体院の股関節痛の整体施術中の写真1
北九州整体院の股関節の施術中の写真1

北九州整体院の股関節痛の整体施術中の写真2
北九州整体院の股関節の施術中の写真2


※北九州整体院の症例であり、効果を保証するものではありません。

まとめ

一般的に、からだを改善させるには3つのポイントが重要です。

  1. 内臓の疲労
  2. 身体のゆがみ
  3. 体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の流れ

股関節痛が発症する前には、大きく3つの順番があります。

  1. 姿勢の悪さ、歩き方の癖などで、内臓に疲労がたまる
  2. 内臓に疲労がたまることで、防御姿勢をとりからだがゆがみ、バランスを崩していく
  3. 股関節や周辺の筋肉に負担が蓄積することから、股関節痛『太ももの付け根の痛み』を発症

従って上記ポイントを押さえた股関節痛の対処法が必要です。

あなたは、股関節痛が治ったら何がしたいですか?
整体療法で股関節痛『太ももの付け根が痛い』が緩和した女性の笑顔イメージ
整体療法で股関節痛『太ももの付け根が痛い』が緩和した女性の笑顔イメージ

その思いを忘れずに『太ももの付け根の痛み』を良くしていきましょう。大丈夫です。私たちも全力でそのサポートをしていきます。

北九州整体院のお勧めのコースは

「院長の難治整体コース4000円」をお選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・問診【無料】」をお選びください。