自律神経失調症とはどういう症状でしょうか?

自律神経失調症を改善するには、どういう病気なのかを知る必要があります。

通常、自律神経失調症は、自律神経のバランスを崩し、次のような症状があることを言います。

[check]めまい
[check]動悸
[check]頭痛、首や肩のコリ
[check]息切れ、息苦しさ、過呼吸
[check]不眠
[check]頭の中がモヤモヤする
[check]過剰な発汗、体のほてり

[check]倦怠感、だるさ、脱力感
[check]腹部違和感
[check]吐き気、腹部違和感
[check]不安感・焦燥感
[check]食欲不振
[check]やる気が起こらない



あなたの症状に当てはまるものはあったでしょうか?
自律神経がバランスを失うことで、いろいろな症状が出るとされています。
自律神経失調症と言っても、症状は様々で個人差が大きいです。

目次

では、「自律神経」とは何でしょうか?

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。あなたの意思とは関係がなく、血圧や心拍数、免疫機能などを自律神経が自動的にコントロールしています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つ
出典:google.co.jp


健康な方は、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできるのですが、自律神経失調症になった方は、スムーズな切り替えができません。

気温や気候が大きく変わる季節の変わり目に、自律神経のバランス調整ができにくくなる人も多くいると言われています。

めまいや動悸などがあり、検査をして異常がないときに、自律神経失調症と安易に診断されていることも多くあるようです。

また、別の医師に診てもらうと別の診断名が付くこともあります。「~症」という病名は医師も原因が判らない病気につけられるものです。

例えば、内科で自律神経失調症と診断されていても、精神科に行くとうつ病と診断されてしまうこともあるかもしれません。
それだけ、自律神経失調症は曖昧なことがあるのです。

重要なのは、あなたの動悸、めまい、息苦しさ、頭痛、微熱、だるさ、が無くなることであって、診断名が何であるかということではありません。
(まだ、病院で検査をしていない方は、検査をされることをおススメします。自律神経失調症以外の病気があるかも知れませんので)

薬で、自律神経失調症は改善できるのか?

薬

「最初は軽い薬だったけれど、次々に薬を処方される。薬が増えて、大丈夫かしら」と不安に思っていませんか?
依存性や体への影響が心配ですよね。

一番気になるのは、「薬を飲んで、自律神経失調症が改善するかどうか」ですよね。
たしかに、抗不安剤・精神安定剤を飲むと、精神的に落ち着き、動悸、息苦しさなどの症状は楽になります。

しかし、抗不安剤・精神安定剤の効果が切れると、元のように症状が戻っていませんか?
症状を改善するのではなく、一時的に症状を抑え込んでいるだけだからです。

だから、症状を抑え込むために、ずっと抗不安剤・精神安定剤を飲み続けることになります。
そして、抗不安剤・精神安定剤の怖いところは、依存性があるということです。飲み続けると、止めるのが難しい!

自分では薬を飲むのを止めようと思っていても、薬がないと不安になります。自分で薬を止めると、体調が急激に悪化することもあります。
自律神経失調症を改善したいのなら、薬に頼るのは賢明ではなさそうですね。

自律神経失調症の原因はストレスや生活習慣の乱れだけ?

自律神経失調症の原因はストレス、生活習慣の乱れ、環境の変化と言われています。
これは、本当でしょうか?

現代の医学でも原因がはっきりしていないというのが実際のところです。

その証拠に、ストレスがかかっても、生活習慣が乱れても、環境が変わっても、自律神経失調症にならない方もいます。ストレスから解放され、できるだけ規則正しい生活を送り、同じ環境に居ても、自律神経失調症が改善しない方もいます。

ストレス、生活習慣の乱れ、環境の変化だけが自律神経失調症の原因とは言えません。他にも原因はあるはずです。

例えば、自律神経失調症の症状の一つである頭痛
頭痛

病院で検査をしても異常がない頭痛は、「首の生理湾曲が失われ、首や肩の筋・筋膜が硬くなっている、又は頭蓋骨の歪み」が主な原因だと考えています。
北九州整体院の手技で首や肩の筋・筋膜を柔らかくし、首の生理湾曲を回復させていくと、頭痛が解消していく方は多くいます。

だるさの原因についても、次のように考えています。
だるさ

首・背中・頭の筋・筋膜が過剰に硬くなっている場合、脳につながっている神経が圧迫され、脳への血流障害が起こります。
これらの状態が続くと、脳の働きが悪くなるため、体のだるさを起こすことがあります。実際に、首や背中や頭の筋・筋膜の硬さが、施術で柔らかくなっていくと、症状が消えていく方がいます。

息苦しさについても、次のように考えています。
息苦しさを感じる患者さんの場合、呼吸に関わる筋・筋膜が硬くなっていることがあります。呼吸に関係する筋・筋膜を柔らかくしていくと、その場で呼吸が楽になる方もいます。

そして、耳鳴りについても、耳周辺や頭部の筋・筋膜を調整すると、症状が軽減されるケースもあります。

自律神経失調症になっている方は、体のさまざまな筋・筋膜が固くなっており、その影響で不調を起こしてしまっているケースもあります。

このように、自律神経失調症という病名に惑わされずに、頭痛、だるさ、息苦しさ、耳鳴りなどといったそれぞれの症状を改善していくことが重要だと考えます。

自律神経失調症を根本的に改善するには?

画像の説明

北九州整体院では、筋・筋膜の調整により、硬くなった筋・筋膜を速やかに柔らかくすることができます。

その結果、様々な症状(頭痛、だるさ、息苦しさ、耳鳴りなど)が改善していく可能性があるのです。

画像の説明

また、頭蓋骨の調整で、脳の疲労を回復させていくことができます。施術を受けている最中に心地よさを感じて眠り始めたり、施術の後に頭がすっきりしたと感じる方もいらっしゃいます。

他にも自律神経失調症の改善にいいと言われている方法で、太極拳、ヨガやウォーキングがあります。これらはある程度、自律神経失調症が改善してきた方にとってはいい方法で、私もおススメしています。

しかし、今のあなたには運動をする気力、体力がないかもしれません。 施術は、横になって受けるだけですので、様々な症状で苦しんでいるあなたでも、取り入れることができる方法です。

ウォーキング

施術を受けて、体を動かす気力が出てきたなら、施術と併用して太極拳、ヨガやウォーキングに取り組むことでさらに体の回復は早まるでしょう。

なぜ自律神経失調症の悩みが当院で改善するのか?

めまい・こり・冷え・歪み矯正の症状改善を追求するだけでは、根本改善ができないことがわかっています。
従って、北九州整体院の自律神経失調症の原因はもう少し掘り下げて考えました。それが、脳と内臓の血液・リンパ・髄液の循環低下だと考えています。

具体的には以下の機能の調整を行ない、根本改善を追求しております。
[check]筋・筋膜を緩め血液、リンパの循環の促進
[check]頭蓋骨の調整で脊髄液の循環の促進
[check]カラダの歪みを取り自律神経の働きが正常になるよう調整(体温上昇、内蔵機能回復、免疫機能向上につながる)

【まくら型整体器具でカラダの緊張を取り自律神経失調症の改善に一役かっています】
北九州整体院の院長は【枕選びの重要性】を認識しており、今話題の寝るだけで歪みが取れる「まくら型整体器具」の紹介をしております。
当院のスタッフも「まくら型整体器具」を使用し、その感想として、夜中に目が覚める「中途覚醒」や、朝のスッキリ感など劇的に改善しているようです。
まくら型整体器具の案内はココから

北九州整体院の自律神経失調症の症例

頭の中が「モヤモヤ」で辛い

  • 2017年2月 北九州市小倉南区 女性 35歳 事務職
  • 来院に至った経緯
    3週間前から頭の中がモヤモヤし辛いので脳神経内科を受診した。しかし、異常はなし、医師からは自律神経のトラブルではないかとのこと。
    3週間経過したが、頭の中がモヤモヤしは改善しないため、インターネットで自律神経失調症治療のできる治療院について調査し、自宅から通える北九州整体院を見つけた。
  • 問診・検査で確認できた事
    姿勢検査や触診検査から、平背で横隔膜が固いため呼吸が浅く呼吸が浅くなっている。
  • 見立て
    呼吸が浅いと、脳の酸素が不足し、また、脳脊髄液の産生と循環が衰えた原因で頭のモヤモヤが発症していると思われた。
    対策は脳脊髄液の流れを正常化し、横隔膜を中心に整体でこりを取り呼吸力アップを試みる。
  • 整体施術と経過
    仙骨・背骨調整とクラニアルで脳脊髄液循環の正常化を試みた後、横隔膜の硬さを緩和させ全身の緊張を取ることに努めた。
    施術が完了し症状を確認すると、頭の中はモヤモヤしは解消していた。
    「カラダ弾力性年齢:整体前56歳⇒整体後26歳」
  • 考察と今後
    体調維持のために、月一回メンテナンスを続ける。

    ※北九州整体院の症例の一部であり、整体効果を保証するものではありません。

腸の調子が悪く、おならが頻繁に出て困っていた。

  • 2018年3月 北九州市八幡西区 男性 43歳 事務職
  • 来院に至った経緯
    人事の異動で、人が多い職場に配置換え、その後、手足の震えやおならがが頻繁にでるようになって、困っていた。内科医院で過敏性腸症候群と診断され通院していたが、治らない状況がつづいた。それで、ネットで北九州整体院が目に留まり来院。
  • 整体施術後
    通院数回で手足の震えやおならがの症状が50%痛みが消失。その後10回の通院で症状はほぼ解消した。現在は予防のため、月に1回当院へ通院している。
    「カラダ弾力性年齢:整体前77歳⇒整体後32歳」
  • ポイント
    自律神経失調症と見立て、クラニアルと内臓の調整を中心に整体施術した。

    ※北九州整体院の症例の一部であり、整体効果を保証するものではありません。

パニック障害と診断され・・・

  • 2018年2月 北九州市小倉南区 女性:45歳 主婦
  • 来院に至った経緯
    心療内科でパニック障害と診断され、投薬以外の治療を模索していた。以前から肩こり、首こりにも悩まされていた。

    自律神経の不調も長きにわたっていた。インターネットで「パニック障害」を治す治療院を検索し、北九州整体院を見つけて来院。
  • 問診・検査で確認できた事
    自律神経の乱れから呼吸も浅く、手足の冷えも強い。肩こりもあり首に関しては左頚椎に変異もみられた。猫背からの姿勢の悪さで全体的にゆがみが出ている。
  • 見立て
    脳脊髄液の流れを正常化し、発作症状を軽減させる。肩首を中心に整体でこりを取り循環アップを試みる。
  • 整体施術と経過
    クラニアルで脳脊髄液循環の正常化を試みた後、左頚椎の歪みを緩和させ全身の緊張を取ることに努めた。
    体温上昇に伴い顔色も良くなり、肩こり首コリの軽減から体の柔軟性を実感して頂いた。
    指示通りに通院し、一年半後には断薬に成功。完全ではないが発作も落ち着き
    現在は仕事も出来るまでに回復している。
  • 考察と今後
    体調維持のために、月一回メンテナンスを続ける。それ以外でも不調が出た場合は早めに北九州整体院の整体施術で戻りを防ぐ。食生活や軽い運動指導も指示している。

    ※北九州整体院の症例の一部であり、整体効果を保証するものではありません。

スタッフからのメッセージ

スタッフ

左が北九州整体院院長兼整体師の田村政美です。右が整体師の近藤恵美、月・水・土・日が勤務日です。

お一人お一人、お客様の身体の不具合や状態に応じた、丁寧な施術を心がけております。

その場しのぎの施術ではなく、身体の不具合を根本から解消するための施術を行い、自律神経の不調を緩和します。
めまい、汗が出にくい、耳鳴り、頭痛、倦怠感、不眠症、冷え性、便秘などでお悩みの方ほど、当店の整体を体験していただきたいと思います。

そのつらい身体の不具合、あきらめずにまずは、気軽にご相談ください。心よりお待ちしております!

そして、私たちは施術をして、それで終わりということをしません。

私たち施術家は、プロとして、生活習慣や食習慣についても日々、勉強を続けており、あなたに適切なアドバイスします。

カラダが良くなったら何をしたいですか?

画像の説明

あなたは、整体で良くなることを願っていますよね。
でも、いま迷っているなら、カラダが健康になった生活を想像しましょう。
身体が良くなることで、笑顔のある生活ができるようになるはずです。

[check]自律神経の不調がないと、家事や仕事がバリバリできる
[check]めまいがないと、毎日楽しく過ごせる
[check]倦怠感がないと、いつも笑顔でいられる

※想像できましたか。では私と一緒に笑顔のある生活を取り戻しましょう!


当院の場所・営業時間

〒802-0971福岡県北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5サンハイムヨシミビル2階(国道322号線沿い。東和病院横のサンハイムヨシミビルの2階)モノレール守恒駅から徒歩2分。ビル敷地内専用駐車スペース3台。

当院までの道筋

北九州モノレール守恒駅から当整体院までの動画です<再生時間:51秒>

予約は

自律神経失調症は「難治性(難疾患)コース4000円」をお選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・カウンセリング【無料】」をお選びください。

予約方法

スタッフ


24時間WEB予約はココから

電話でのご予約の場合は以下の通りです。☎090-8621-9624(電話受付 9:30~19:30)

担当者が「はい、北九州整体院です。」と電話に出ますので、
「難治性コースの予約はできますか」とおっしゃって下さい。
○お名前 ○ご希望の日時 をお申し付け下さい。