こんなお悩みありませんか?

  •  胸や脇のヒリヒリ、シクシクといった感じで痛い
  • 片側の胸が痛い
  • 肋骨の下の方を押すと痛みが強くなる
  • 歩いた時、腕の振動で痛い
  • 寝返りをすると肋骨に痛みがはしる
  • くしゃみや咳をするだけで肋骨あたりに痛みがはしる
  • 深呼吸で痛みがでる
  • 鼻をかむと肋骨に痛みがはしる
  • 笑うと痛い

このような痛みや症状が長く続くとツラいですね。
北九州整体院では、同じような症状でお悩みの方が来院し改善されています。

もしあなたが、このようなお悩みをお持ちでしたら、北九州整体院で対応させていただきます。

まずは肋間神経痛を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。

肋間神経痛とは

背骨の胸椎からでている12対の肋間を走行している神経が、何らかの理由で圧迫され激痛が生じる状態です。
なお、肋間神経痛は胃痛や胸やけなどと同じように症状名であり病名ではありません。

よく似た症状をしめす疾患があるため、まず、病院などの医療機関に受診し診断していただくことが大事です。

肋間神経痛の症状

肋骨の動きにともなって痛みが生じます。
左右のどちらか片側だけに痛みがあらわれますが、ごく稀に両側に痛みがあらわれます。

寝返りをうつなど身体を捻(ね)じる、背筋を伸ばす、くしゃみや咳やあくび、鼻をかむ、大声をだす、深呼吸、話す、笑う、歩行など身体を動かす動作時に痛みが生じ、激痛が走ります。

夜間寝ていても痛む安静時痛がある場合は、ガンなどの腫瘍の可能性もあるので病院等の医療機関で検査を受けてください。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛とは肋骨の間を通る肋間神経というものが圧迫されたり血流が悪く虚血状態になる事で起こります。

ではなぜそうなるかというと肋間(肋骨の間)が狭くなるから。
肋間が狭くなる理由は、ストレスや姿勢不良、冷えや過労などにより

  • 猫背
  • 肩に力が入っている
  • 日頃から呼吸が浅い
     
    状態になっているからです。
    これらを調整していけば、つらい肋間神経は解決できます。

猫背は肋間神経圧迫の原因

息を吸えば前側の肋骨は上方に動きます。(図左)

息を吐くときは下方に肋骨は下がるものなのですが(図右)、この位置で固まってしまうと肋間が狭くなり肋間神経痛を誘発してしまいます。

猫背はこのように肋骨の広がりにくい姿勢で固まっている状態です。

画像の説明

  • 知らず知らず肩に力が入っている
  • 日頃緊張することが多かったり働き過ぎている
  • 睡眠が浅い

このような状態が続いていると、知らず知らずのうちに肩に力が入っています。
肩に力が入るということは、肋骨の上後方への動きを止めてしまいます。

その結果、肋骨の可動域は小さくなり肋間が狭くなり肋間神経痛を誘発してしまいます。

呼吸が浅い

猫背のように肋骨の広がりにくい姿勢の状態が続いていると日頃から呼吸は浅くなっています。

呼吸が浅くなりがちな人はある程度意識していないと深い呼吸が出来るようになりません。

呼吸に関する筋肉は肋骨の間にある肋間筋だけでなく横隔膜という大きな筋肉がありますのでこの横隔膜が動いているかどうかが大切です。

その他明らかな原因があるものとして

  • 肋骨骨折
  • 圧迫骨折
  • 帯状疱疹

などで肋間神経痛を発症することもあります。

画像の説明

北九州整体院の改善法

肋骨の歪みを整えること

まずは狭くなっている肋間を拡げてあげる整体をしなければなりません。

緊張して硬い肋骨と肋骨の間に弾力と動きを付けていくのです。

そうすれば肋間に新鮮な血液が流れ出し、酸素と栄養を受けっ取った神経は異常な興奮が治まり痛みが落ち着いていきます。

骨盤と背骨を整えること

肋骨の正常な動きは骨盤や背骨に支えられて成立しています。

ですので、骨盤や背骨が歪んでいると肋骨は正常な可動範囲で動くことが出来ません。

肋骨が動きやすい状態でいるためには骨盤と背骨の歪みがある程度整っている必要があるのです。

自律神経を整えること

自律神経を整える
肋間神経痛の発症している時は自律神経が乱れ、交感神経の過緊張状態となっています。

こうなると肩に力の入っている状態となり、日頃の呼吸は浅くなって深くて大きい呼吸が出来なくなります。

すると必然的に肋骨の可動域は狭くなるので肋間が狭くなり、狭くなった肋間は血流が悪くなって痛みへと繋がっていくのです。

治療方法が間違っていると、治らない

画像の説明

また、肋間神経痛の原因がわかっていても、その原因を解決するための治療方法が間違っていると肋間神経痛の痛みは治りません。

北九州整体院では、これまでにどこに行っても良くならなかった方を診てきました。その患者さんからこれまでに行ってきた治療方法をお聞きすると、

  1. 痛み止めの服用
  2. 消炎鎮痛剤
  3. ステロイド注射
  4. 神経ブロック注射
  5. 電気・超音波・レーザー治療
  6. マッサージやストレッチ

などが挙げられました。私たちは、この治療方法を否定しているわけではありません。
画像の説明

しかし、もしこれらの治療方法を続けていても効果が出ていないのであれば、今後その治療を続けていっても痛みが治るとは思えません。

北九州整体院では、一般的に言われていることをやってきて治らないのであれば別の視点から、原因を探り、仮説と検証を繰り返して、その方と対話をしながら治療していくことを大切にしています。

上手くいけば正しい。上手く行っていないのであれば、何が治りを妨げているのか?などを一緒に考えていくことで肋間神経痛でも改善することができると思います。

まとめ

肋間神経痛になって、なにをやっても治らなくて「いつまで痛みと付き合わなければならないのだろう」と、悩んだりしたと思います。

これまで仕事や家事・子育てに頑張って、自分のことを後回しにせざるを得なかったかもしれません。

あなたは、肋間神経痛が治ったら何がしたいですか?

画像の説明

その思いを忘れずに肋間神経痛を良くしていきましょう。私たちも全力でそのサポートをしていきます。

まだまだ、不安もあると思います。一人で悩まずに相談してください。

北九州整体院のお勧めのメニューは

「院長の難治整体コース4000円」をお勧めします。
なお、初回の方はさらに「初回検査・問診【無料】」をお選びください。