仕事でずっと立っていると腰が痛くなってくる・・・

こんにちは、北九州整体院院長の田村です。
2020/07/30

立ち仕事の姿勢の特徴

立ち仕事が長時間になってくると骨盤を前に出してのけぞるような姿勢(そり腰)をしてしまいがちです。

この姿勢をとることで、体の前側の筋肉で体を支えることができて楽に立つことができるからです。

そうすると後ろ側の筋肉が常に固まった状態になってきます。

この筋肉はハムストリングスという筋肉です。

よくストレッチで伸ばすところで、太もも裏の筋肉ですね。

ここが固まってきてしまうと膝を伸ばしたまま足を上げる動きがやりにくくなります。

つまり前屈を固くしてしまう筋肉ですね。

そして反対側の前の筋肉は伸ばされているので縮まることがうまくできなくなっていきます。

前側の筋肉は太ももの前の筋肉とは大腿四頭筋です。

この筋肉は膝を伸ばす筋肉なのですが、足を上に持ち上げる働きもあります。(特に大腿直筋というのがそれです)

なのでこちら側はうまく縮まってくれるようにエクササイズを行う必要があります。

また立っている時の骨盤を前出す癖を修正して、この筋肉が伸びたままにならないようにする必要があります。

立ち仕事の腰痛を改善するためには?

さきほどのような立ち方の癖がある人の場合は、前後の筋肉のバランスを改善することで、腰痛になりにくい体を作ることができます。

1、後ろ側の筋肉をストレッチする
2、前側の筋肉を収縮させる

このようなエクササイズを行ってみてください。

しっかり膝を伸ばす力を入れながら、ももの裏の筋肉を伸ばしていきます。

固くてうまく上がらない人は、手を使ってサポートしてあげてください。

もも裏の筋肉が固くなると骨盤を常に引っ張り下げてしまい、腰に負担のかかりやすい動作を取りやすくなってしまいます。

毎日のストレッチを習慣にしていきましょう。

片足で立っていませんか?

もう1つのポイントとしては、左右の歪みがあげられます。

立っている時間が長いと片足の負担を軽減するためにどちらか一方の足に体重を預けてる場合があります。

通常は利き足と反対側の足で長くなっている場合が多いです。

そうすると骨盤の位置が左右でも傾いてしまい、膝にストレスがかかってしまったり、足の土踏まずが潰れてきやすくなります。

そうすると腰の痛みも左右差が出たり、その他の痛みの症状につながる可能性もあります。

立ち姿勢の左右差や、癖にも注意してみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。(^∇^)
本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

北九州整体院

〒802-0971北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5-203