|不妊整体|北九州|で安全な自然妊娠へ

お客様の最近のお礼のメッセージ

|不妊整体|北九州|で自然妊娠の赤ちゃんの画像500-358

院長先生、近藤先生、お洒落なおむつケーキありがとうございました(≧▽≦)
すごく可愛くて感激です❗

サプライズに家族も大喜びで、大切にリビングに飾っています✨娘も大きくなっても、ピンクの熊ちゃんをお友だちとして大事にすると思います。

これからも、たくさんの子宝ベビー✨が誕生しますように のなかゆか 2017-02-25

あなたも不妊症で悩んでいませんか?

[check]人工授精をやってもうまくいかない
[check]着床しても育たない
[check]体外受精に踏み切ったが、失敗している
[check]流産の癖がある

安心して通える整体院をお探しのあなたへ。ぜひ当院の不妊整体|北九州|をお試し下さい。

当院の妊娠率

最近1年間(H27年4月からH28年3月)の妊娠率は78%(7人/9人)
※但し、生理不順対象者のみ
従って、当院の強みは生理不順を伴う不妊症・不育症の方を自然妊娠に導くことです。

当院の|不妊整体|の特徴

薬を使わない手技のみの超ソフトな北九州整体院オリジナルの療法です。とにかく安全です。
脳脊髄液の循環、骨盤の動き、内臓の働きを正常にし、妊娠しやすい体質を作って行きます。

妊娠できにくい体質の場合、便秘、冷え、生理不順、生理痛を持っている場合もありますが、施術をすることによって、症状が軽減または解消していきます。

体外受精をお考えの方、体外受精で失敗をされている方はまず妊娠体質を作ることにトライしてみてください。病院で体外受精治療をされている方でも平行して整体療法を受けて妊娠成功率を上げることをお勧めします。

申し込み方法

24時間ネット予約
電話でのご予約の場合は以下の通りです。

担当者が「はい、北九州整体院です」と電話にでますので、
「不妊整体 できますか」とおっしゃって下さい。

●お名前●ご希望の日時 をお申し付けください。

スタッフ

TEL 090-8621-9624

・電話受付 9:30~19:30・施術 10:00~20:00・不定休


不妊症の原因

( 一般論 )
一般的に不妊症の原因は、排卵に原因のある場合、卵管に原因のある場合、男性側に原因のある場合、子宮に原因のある場合などがあります。

この辺はインターネットで検索すればいくらでも出てきますし、書籍などでも情報は簡単に入手できるので省略させていただきます。

"妊娠をして赤ちゃんを育てる"という能力は人間(女性)が本来持っている能力のひとつです。

"妊娠をしない"ということは、「人間が本来持っている能力」を発揮出来ていないだけなのです。

( 臨床的な不妊症の原因 )
一体何が原因で妊娠をしないのでしょうか? 実際の臨床的な原因は複数ありますが、
結果として妊娠しない原因になっているもので多いものは以下の3つでしょう。

1、骨盤の変位からくる子宮の変位

骨盤の変位からくる子宮の変位の画像

子宮というのは骨盤に靭帯によってつるされています。よって骨盤が歪むと子宮も同じように歪みます。

骨盤矯正という言葉を聞いたことがあると思います。足の長さを診て骨盤を手技で矯正する治療です。

骨盤はただ単に歪みを治せばいいのではないのです。たとえば右足が短い人を治療し足の長さをそろえたとします。

この足の長さがそろった状態を維持できる体力がない人はすぐに元に戻るか、もっと体力がない人は症状が悪化します。

骨盤には先に述べましたように子宮がぶら下がっていますので、治療によって生理痛がひどくなる人が多いのは、実際に患者さんの体力以上の治療つまり刺激を入れてしまったからなのです。

妊娠しない方の骨盤は歪んだ状態でロックしているか、ゆるくて開いているかどちらかです。

どちらの場合でも治療の方向性は同じです。

それは骨盤の動きを正常な方に持ってくればいいのです。

2、内臓下垂からくる子宮や卵巣の圧迫

内臓下垂からくる子宮や卵巣の圧迫の画像

「猫背は体によくない」ということを聞いたことがあると思います。

でも、実際には背中の骨、つまり胸椎は後に凸で正常なのです。

しかし、肩が前に入り、頭の位置が前方に行ってしまうと悪い状態のいわゆる猫背になるのです。

これは横隔膜という膜が胸とお腹の間についているのですが、この横隔膜が下方に変位し、内臓全体を下垂(つまり下方に下げ)させます。

そして、下のほうにある臓器、つまり子宮、そして卵巣や膀胱などを圧迫するのです。

圧迫された子宮は本来の能力を発揮できなくなり、生理痛や生理不順、そして、不妊症の原因になります。

  • 内臓調整
    内臓調整とは、明確な原因がわからないのに身体が辛い、だるいなど、内臓が弱ってしまった身体からのサインに対して、もともと持っている内臓の機能を元に戻して免疫力などを高め改善していく療法です。

    内臓を刺激し、脳にその臓器の存在をしらせ、内臓をきちんとした「位置」に収まるようにします。
    内臓も背骨と同じで、正常に機能するには正しい「位置」にあることが重要になります。

    多くの内臓疾患の原因は内臓に溜まった毒素が排出できない状態です。
    内臓テクニックは内臓に溜まった毒素を拡散し、身体の部分から毒素を抜くテクニックです。
    毒素が抜けた臓器は本来持っている機能や位置感覚を取り戻し正常に働くようになります。

    例えば、不妊・不育の方の便秘などは体内の酸素摂取量が低下しています。
    横隔膜を柔らかくして肺の機能をあげることで内蔵全体の状態を良くしていきます。
    (長谷澄夫先生のセミナーより)

3、頭蓋骨の固着による脳下垂体の機能不全

頭蓋骨の画像

頭蓋骨には、いくつもの洞があり脳の遊びを造っています。

蝶形骨洞の上には下垂体があり妊娠に必要なホルモンの分泌に関与しています。


頭蓋骨の画像

下垂体の機能を上げるには、蝶形骨の治療をすればいいように思えるのですが、頭蓋骨はすべての骨が連動して動いているので、蝶形骨だけではだめです。

また、脳への血流は頚動脈で行っているので、頚椎の問題もとらなくては、なかなか脳全体の機能はあがりません。

  • ホルモンと卵巣・子宮の関係は以下の図の通りです
    卵巣・子宮の画像

赤ちゃんができる体をつくるには?

卵巣・子宮の画像

骨盤内の環境が良くなくては子宮の状態はよくならない!!

妊娠しない人は着床する体力と、妊娠するための子宮の環境が揃っていないのです。

当院には流産くせがついてしまっている患者さんも多くいらっしゃいます。

流産する人は着床する体力はあるのですが、赤ちゃんが育つ体力がないのと、赤ちゃんが育ちにくい子宮の環境が原因です。

この場合も不妊症の人と同じ治療が必要です。まずは、骨盤の動きを正常にすることが重要なのです。

骨盤が動いてくると、側頭骨がうごいてきます。側頭骨が動くと後頭骨や前頭骨も動いてきます。

回復力の高い人ならば、骨盤の治療をするだけで妊娠しやすい環境が整います。

骨盤の治療の目的は機能を正常に近づけること

骨盤の画像

人間は常に動いています。

横になって安静にしていても、呼吸をしている限りは動いています。

骨盤の治療の目的は、「正常な動き」を取り戻すことでただ単に足の長さをそろえることではありません。

骨盤の状態が悪く妊娠しない人は、「正常な動き」に比べて、動きが少ないか、動きが異常なため、骨盤内の環境が悪く内臓が能力を発揮できない状態なのです。

"妊娠し子孫を残す"ということは人間が本来持っている非常に強い能力なのです。

この絶対的な能力が正常に機能しない為に、妊娠が出来ないということは妊娠しやすい環境が整っていないからです。

「不妊整体コース」料金・予約は