長引く足裏の痛み 足底筋膜炎

歩き始めた時の第一歩が痛い。
すぐ治ると思ったが、かかとの痛みが続いている。
慢性的な「足裏や踵の痛み」といえば、まず疑われるのが、足底筋膜炎です。

足裏には、足のアーチ構造を形作る底辺部から支えるさまざまな支持組織が多くあり、かかとと5本のゆびをつないでいるのが、足底筋膜で、そこに炎症が起きると、「足底筋膜炎」となります。

足は、立体パズルが組み合わさったように52個の骨が、アーチ構造を形成しています。
足底筋膜は、かかとから5本のゆびそれぞれの基節骨まで扇形につながっていて、下からこのアーチ構造を支えています。体重がかかってない時、足底筋膜は、ある程度の緩みがあります。しかし、踏み返し動作により、足に体重がかかると、張った状態になるのが特徴です。

足底筋膜炎とはどのような病気なのでしょうか? 

足底筋膜炎の主な症状は、足裏や踵の痛みです。
「久々に運動をして痛くなった」
「旅行先で長時間歩いて痛みが出た」など、
痛みが出るきっかけはさまざまですが、多くは急に足に負担をかけたことがきっかけになります。

「急な運動をしたから痛みがでただけ!」と甘く見て放っておくと、思いがけず悪化して、昼夜問わず痛みが続くようにもなります。最初は片足だけだった痛みが、痛みのある足をかばって歩くことで、もう片側の足にも負担がかかり、両足とも足底筋膜炎なることがあります。

足のアライメント異常。分かりやすく言うと、「足の骨格形状が悪くなった状態」が皮膚、血管、骨などのさまざまな足の疾患を引き起こす原因です。

足底筋膜炎
出典:google.co.jp

主な原因は「足のアーチ構造の崩れ」

 足底筋膜炎を引き起こす原因の中で多いものは、外反母趾と同じく、「足のアーチ構造の崩れ」です。
足のアーチ構造は足底筋膜を含めた複数の支持組織で支えられており、構造が整っていれば筋肉や支持組織に過緊張をかけることはありません。

しかし構造が崩れると、歩くために必要なアーチをできるだけ保つために、周囲の筋肉は繰り返し緊張することになります。
中でも足底筋膜は、5本のゆびと1点で接していて、引っ張り合うかかと部分に負担が集中し、炎症が起きやすいのです。

足の構造や歩き方の違いで、負担がかかる部分が異なる為、人によっては足の土踏まずに近い部分などに痛みが出る場合もあります。
またアーチ構造が崩れていることで、長時間立っているだけでも痛みが出ることがあります。

強剛母趾や足首の硬さも原因

親ゆびの付け根の関節がうまく曲がらないため強い痛みが生じる「強剛母趾」も足底筋膜炎の原因の1つです。
親ゆびの関節がうまく曲がらない代わりに、足首を使って歩くため、アキレス腱に過度な負担がかかり、酷使されるアキレス腱とつながっているかかとや足底筋膜にも負担がかかり炎症が起きます。

強剛母趾の人は関節が曲がらないことから、親ゆびを内側にねじって歩くくせがつく人もいて、この動作も足底筋膜にかなりの負担をかけて炎症をおこす原因となります。

「足首の硬さ」がアーチ構造の崩れ以外の原因として考えられます。
足首が硬いと、足首が前に曲げられず、歩行時のスムーズな踏み返しができません。
そういう人はゆびの付け根の関節を大きく曲げることで歩こうとするため、踏み返しにかかる時間が長くなります。
当然、足底筋膜にかかる負担も大きくなります。1回の踏み返しはわずか数秒の動作ですが、その積み重ねが足底筋膜へ負担を増し、炎症が起きるのです。

 どんな人が、足首が硬いのでしょうか? 北九州整体院でよく見かけるのは、
・過去に足首をよく捻挫し、足首のじん帯が硬くなっている。
・もともと関節のかみ合わせが悪く関節の動きが悪い。
・日常的にハイヒールを履いて、アキレス腱が縮んでいる。
 などのケースがあります。

足のアライメントが健康のカギ

足のアライメント
出典:google.co.jp

 アライメント(alignment)とは、英語で「直線を成すこと」「整列・配列」「調整・調節」などの意味です。

たとえば自動車のホイール・アライメント調整でたとえるなら、アライメントが狂うと、走行性能も、燃費も悪くなり、タイヤが片寄って摩耗することで路面への接地性も低下して、故障や事故を起こしやすくなります。

人間の骨格も車と同様、多くの骨が組み合わさってできているので、その配列や角度などの適正な組み合わせが狂うと、多くの不具合が出てきます。
人間の全身には約200個の骨があります。その約1/4にあたる52個の骨がくるぶしから爪先までの足に集中しています。

古代ローマ時代の水道橋や、長崎市の眼鏡橋のようなアーチ橋を思いだいてみてください。パズルのように精密に組み合わさり、アーチ状の構造を作り、接着剤やくぎのようなものではなく、アーチ型の石積み構造と重力によって堅固さを保っています。

同様に人の足も、多数の骨が精密にかみ合うその構造によって、体重の数倍の重みに耐えるだけの強さを持っているのです。
 足のアライメント異常とは、アーチ構造が元々弱くて崩れている状態、あるいは合わない靴を長年履いたり、強い衝撃を受けたりして、構造が壊れたりしてしまった状態です。

扁平足は危険なサイン

過回内
出典:google.co.jp

よく扁平(へんぺい)足と言われる、かかとの骨が内側に倒れた「回内」というアライメント異常は、その限度を超え「過回内」という状態になると、外反母趾、足の指がかぎ状に曲がるハンマートゥ、親指の付け根の関節が痛む強剛母趾などの疾患を起こします。
さらに巻き爪、足底筋膜炎、かかとの骨にとげ状の突起ができて痛む踵骨棘(しょうこつきょく)などの別の疾患も起きるリスクが高まります。

反対にかかとの骨が外側に倒れすぎている「過回外」は、土踏まずが異常に高くなって足指の付け根が痛むハイアーチなどを引き起こします。

実は世界の人口の7割が回内、2割が回外で、ゆがみがないまっすぐな骨格の足を持つ人は1割しかいない、と言われます。多くの人が過回内、過回外の潜在的なリスクを抱えていると言えるでしょう。

正しいライメントの足に「タコ」はない

指の付け根のタコ・ウオノメ
出典:google.co.jp

 さて、皆さんの足にタコやウオノメはありませんか? 「タコなんて、誰にでも一つくらいあるでしょう?」と思っていませんか。アライメントが正常ならタコはまずできません。

ウオノメは、タコにねじれる力が加わることで、皮膚の角質が深く突起状に食い込んだもので、根本的な原因は同じです。

タコもウオノメも、過回内などにより足裏全体で体重を均等に支えられず、部分的に圧力がかかることで角質が厚くなってできます。靴を正しく選び、インソールなどを使うことで、アライメントを正常に矯正していくことが不可欠ですが、外反母趾やハンマートゥがあり、その変形部分にタコができている人は、当然その疾患を治療することが優先です。

北九州整体院で行う改善法

北九州整体院での足底腱膜炎の改善法は、・足のアーチの調整・足首の柔軟性の確保をおこなうことにより、足底腱膜炎の痛みの緩和、そして今後足底腱膜炎になりづらい足にしていきます。

足のアーチが高くても(ハイアーチ)、低くても(偏平足)足底腱膜炎になる可能性が高くなります。

ハイアーチの場合、足根骨が詰まってしまうことがあり、足首の動きをロックしてしまうので、足根骨の整体をして、詰まりを緩和させます。

偏平足の場合、靭帯にかかる負荷をやわらげることにより、足底腱膜へかかっていた牽引力もやわらぎ痛みの緩和へとつながります。

まず足のアーチを取り戻せるようにアプローチを掛けなければなりません。
これは、外部から筋肉や骨を動かすわけではなく、からだ自体に正しく治す能力が備わっているため、治癒力を活性化しやすい状態にもっていきます。

不必要に強い刺激を入れても、アーチは戻りませんが、長期間アーチが崩れている場合は、骨の間の靭帯が固まってしまっているので、固さを取り除き、関節が動きやすい状態を作ってあげることが重要です。

当院の足底痛の症例

足底外側が4~5日前から激痛に変わった

  • 2017年10月 北九州市戸畑区 男性 39歳 弁護士
  • 来院に至った経緯
    以前から歩くと足底外側が痛かったが、4~5日前から激痛に変わった。弁護士という仕事柄、10㎏の重い鞄をもって、移動することが多いので、足底の痛みは仕事にも影響をする。また、痛みで日課のジョギングもできなくなった。

    同じ職場の女性が北九州整体院で整体を受けており、評判がいいとのことで勧めてくれた。
  • 問診・検査で確認できた事
    足底筋外側、及び足甲の背側骨間筋、に圧痛あり。
    腓骨先端の外踝が足首を圧迫して、足のアライメントの異常(内反)につながっている。
  • 見立て
    腓骨の捻じれのため、足底外側の痛みが発生したと仮定し、腓骨の調整と足の可動性を向上させる必要がある。
  • 整体施術と経過
    疲労回復力を上げるため、血液・リンパ循環骨盤調整を実施した後、腓骨矯正の整体操法と足指関節の可動性調整法を行う。
    結果、1回目の整体操法で足底外側の痛みが70%解消。
    2回目も同様の整体操法で痛みが解消し終了。
  • 同時に解決した症状
    腰痛
  • 考察と今後
    腓骨の捻じれは、ほとんどの人にあり、通常は許容範囲で収まっている。
    今回の患者さまは、許容範囲を超える歪みであったようだ、矯正といってもわずか1~2㎜で、この矯正で痛みも治まった。が、また悪くなる可能性が高い。
    今後は、月に一回のメンテナンスを提案した。

    ※北九州整体院の足底痛の症例であり、効果を保証するものではありません。

「足底痛」歩くと痛むの親指付近

  • 2017年8月 北九州市小倉北区 女性 20歳 大学生
  • 来院に至った経緯
    アルバイトの立ち仕事や長時間歩くと、足底の親指付根が痛み、辛いとのことで来院。 足底の親指付根が痛みを主訴とする患者は少なくない。インターネットで北九州整体院にたどり着き、来院となりました。
  • 整体施術後
    歩き方や姿勢の修正をしたことで、一回で痛みが解消する。
  • ポイント
    歩き方を分析すると、後に位置する蹴り足の親指に重心が偏っていた。そのため5指全体で蹴ることができるように足の運び方、歩く時の体重移動を修正しながら歩行訓練した。

    ※足底痛の症例の一部であり、整体効果を保証するものではありません。

お客様の感想(一部抜粋)

症状が当院の整体で良くなって嬉しかった等、いろんな話をお聞きします。
お客様に許可を頂いたものを、ここに掲載させて頂きました。

3年前から、かかとの痛み

北九州整体院に来院した主婦

R・Aさん
女性 45歳 主婦 かかとの痛み

seitai2012_0810(007)


三年前から、かかとの痛みがあり整形外科に行っても治らず、シップをはっても治らず、どうしようもなくこちら(北九州整体院)へ来て原因が分かり、足の痛みもかなり1日でよくなりました。
また、お願いしたいと思います。

※お客様の感想であり、整体効果を保証するものではありません。

まとめ

すぐ治ると思ったが、足裏の痛みが続いている。
そんな不安をもっての生活はしんどくありませんか。

足底痛の原因は、
足のアライメント異常。分かりやすく言うと、「足の骨格形状が悪くなった状態」が皮膚、血管、骨などのさまざまな足の疾患を引き起こす事です。

一歩踏み出すには、不安もあると思います。ですから、一人で悩まずに北九州整体院の私たちに相談してくださいね。一緒に頑張っていきましょう。

散策