肩こりの原因

肩こりで来院される患者さんは、「肩が凝るから、痛いから、肩を診てほしい」という思いを訴えられますが、体はつながっています。肩が凝るから、痛いから、といっても肩だけに原因があるわけではありません。「肩こり」というのは結果で、原因は他のところにある場合が多いと私の臨床経験から言えるのです。

極端な言い方をしてしまうと、肩こりはほかの部分が悪いから肩こりになった、ということです。

パソコンのキーボードを打つ仕事を長時間同じ姿勢で行った。巻き肩・猫背の悪い姿勢でスマホで遊んだ。それが肩こりにつながった。
こういうケースは多いのです。

もちろん、肩そのものを診て「どこに、どのようなこりが出ているか」ということは調べますが、治療のために大切なのは、「こりが現れているところ」ではなく、「こりの原因となる悪いところ」を見つけて改善していくことなのです。

ならば、悪いところ、すなわち「肩こりの原因」はどこにあるのでしょうか。
ほとんどの肩こりの原因は大きく次の3つです。

  1. 巻き肩や猫背の姿勢の悪さ
  2. 脇の周辺の筋肉のこり
  3. 血液・リンパの流れの悪さ

肩こりの原因その1「巻き肩や猫背の姿勢の悪さ」

当院の患者さまで肩こりに悩む多くの人が、巻き肩や猫背を抱えています。
見るからに肩が前に出て背中が丸くなっている方。
同時に首が前傾している方。

どちらの場合も肩の主な筋肉である僧帽筋などが伸びて固まっています。
すると、その筋肉に疲労がたまり、疲労物質が発生します。それが原因になり、肩こりが発生するのです。

さらにこの負担を長期間放っておくと、周辺の肋椎関節、胸郭肩甲関節、肩関節の可動制限が起き、さらに周辺の筋肉の硬結も起こしかねません。
肩に鉄板が乗っていようだ。肩が痛い等の症状が現れたら、長期間放置している可能性があります。

つまり正常な姿勢をキープし、背骨や肩関節を正常な位置に保つことが肩こり改善の第一歩です。

でも、正常な姿勢をキープできない、と患者さんは訴えます。
それは、血液等の循環が悪く、疲労が蓄積しているからです。特に、内臓疲労を起こすことによって、その内臓を守る姿勢になります。
就寝時、腹部を守る姿勢で横になって寝る癖が内臓を守る姿勢のことです。
できれば、子供が寝る姿勢、上向けに寝る姿勢で寝がえりができるよう対策しましょう。

当院では、疲労の蓄積を改善することで、上向けに寝る姿勢をキープできる方が増えています。
姿勢のタイプを分類した画像


上図は姿勢のタイプを分類した図です。左端の正常タイプ以外は、肩こりになる可能性を秘めています。左から4番目の反り腰タイプは「巻き肩・猫背」になりやすいタイプです。

肩こりの原因その2「脇の周辺の筋肉のこり」

肩こりを感じる筋肉は首から肩甲骨にかけた部分ですね。
ところが首から肩甲骨にかけた筋肉の反対側、脇周りの筋肉に硬結がある場合が多い。

これは私が臨床で得られた事実です。

脇周りの筋肉に硬結があると肩こりが起こるか?
はい、脇周りの筋肉は肩を固める作用がある。単純です。

脇周りの筋肉とは、大円筋・広背筋。上腕三頭筋・前鋸筋なのですが、これが硬結する理由は?

例えば、炊事をする時、腕を上げ脇を絞める動作をして筋肉を固定します。この動作が繰り返し続くと脇周りの筋肉は硬くなりませんか?

筋肉は動かさないと血流が悪くなって硬くなる性質があることを思い出して下さい。特に固定を強く長時間して筋肉は動かさない状態は、肩こりが酷くなりますね。

肩こりの原因その3「血液・リンパの流れの悪さ」

血液・リンパの流れが悪い場合、疲労物質が溜まり、身体の反射で筋肉や関節が固くなりやすい現象がでてきます。
これが肩回りの筋肉や関節であれば肩こりが発生しやすくなります。

これは、以前、患者さんの全身の血液・リンパの流れを改善するしただけで、肩こりが60%以上良くなる経験から確信したことです。
今では、肩こりの患者さんのも、この血液・リンパの流れを診るため身体弾力性をチェックして数値化しています。

この数値を参考に患者さんの血液・リンパの悪さを把握し、施術の効果を確認しています。

当院の整体法

血液・リンパの流れを促進するための骨盤調整+頸椎調整を行います。
また、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎから足首までの部分に、筋膜はがし療法をします。
結果、筋膜・筋肉の硬結をほぐすことになり、血液・リンパが悪くなっていた箇所にも十分に行き渡って、肩こりが解消する環境を整えていきます。

【肩こり】つらい肩こり女性のイメージ

来院の主訴のトップは肩こり(または肩の痛み)です
北九州整体院では最近の調査では、97%の方が改善の方向で進んでいます。当院の得意とする症状の一つです。

治療院・整骨院・整体院・マッサージ院等で肩こりをほぐしても4~5日で元に戻ってきませんか?

しつこい肩こりは当院にお任せ下さい。原因を追及し、改善しますのでこりの戻りが少ないです。
一度お試し頂けると納得できると思います。しかも痛くない施術で、気持ちいい感覚を実感できます。

肩こり改善の動画

肩こりの施術って興味ありますね。北九州整体院の施術の説明と実施の一部ですがご覧ください。肩甲骨はがしも好評です。

肩こりの説明と整体動画です。

※個人差があり、成果を保証するものではありません。

肩甲骨はがしの動画です。

※個人差があり、成果を保証するものではありません。

自宅でできる肩こり予防法

  • ウォーキングを一回20分以上行い、血行を良くし疲労をとる。できれば毎日。
  • 同じ姿勢を長く続けない。
  • 蒸しタオルなどで肩を暖めて筋肉の血行を良くし疲労をとる。
  • 適度なストレッチや体操をする。
  • 入浴し身体を温め、リラックスする。

最後に

肩こりで辛いと、家族や周りの人に強く当たってしまうことがありませんか。心根はやさしいのに。

肩こりで冷静な気持になれませんね。だからこそ、できるだけ適切な治療を受けて改善していきましょう。

健康は、豊かな時間、充実した人生を過ごすために最優先すべきものでは?
それは、当たり前のようでいて、あなたは肩こりがなければ、この大切なことを忘れてしまいがちです。

肩こりが治ったら何がしたいですか?
その思いを忘れずに肩こりを良くしましょう。私たちも全力でそのサポートをしていきます。


北九州市で肩こりを改善したい人は、
小倉南区にある北九州整体院で治しませんか?

当院の場所・営業時間

〒802-0971福岡県北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5サンハイムヨシミビル2階(国道322号線沿い。東和病院横のサンハイムヨシミビルの2階)モノレール守恒駅から徒歩2分。ビル敷地内専用駐車スペース3台。

予約は

肩こりは「肩こり専門コース」を、お選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・カウンセリング【無料】」をお選びください。

予約方法

スタッフ


24時間WEB予約はココから

電話でのご予約の場合は以下の通りです。☎090-8621-9624(電話受付 9:30~19:30)

担当者が「はい、北九州整体院です。」と電話に出ますので、
「肩こり専門コースの予約はできますか」とおっしゃって下さい。
○お名前 ○ご希望の日時 をお申し付け下さい。