顎関節症とは

顎関節症とは、顎関節の病気を顎関節症と言います。

※別名として

  • 顎機能障害
  • 顎機能異常

顎関節症の多くは20~30歳代によく発症します。

男女比では顎関節症の多くは女性であり、女性の発症率は、男性の約2~4倍となっています。

顎関節症は決して珍しい病気ではなく、一生の間に2人に1人が顎関節症を経験してることになると言われています。

目次

顎関節症の症状

  • 口の開け閉めで、顎(あご)やこめかみが痛い。
  • 口を大きく開ける事が出来ない。
  • 口を開けたり、閉じたり、ずらしたりすると音が鳴る顎に違和感がある。
  • 顎が痛くてまともにご飯が食べられない。
  • 睡眠中の歯ぎしりや喰いしばりがあるようだ。
  • このまま何年も痛みが続くと思うと憂鬱になる。
  • 顎の痛みだけでなく、頭痛や肩こりまでする。

など、全身にも色々な障害をもたらす場合があります。

顎関節症が軽度だと、口を開閉すると耳の穴の少し前方(顎関節)で音が鳴ります。

顎関節症がひどい(重度)場合、口の開閉に伴い顎関節に痛みが生じます。

顎関節症の口を開けたときの音(関節の雑音)は「カクンあるいはコキン」と「ジャリジャリあるいはギシギシ」に分類できます。

下顎骨と顎関節には、クッションの役目をする関節円板(軟骨)が存在します。

顎関節の関節円板が前や横に僅かにずれると、口を開閉する時に「カクンあるいはコキン」が起こります。

もう一方、顎関節の関節円板が所定の位置から完全にずれると口を開閉する時に「ジャリジャリあるいはギシギシ」が起こります。

顎関節症のチェック法

[check]自分の顔を鏡に映して、あご(顎関節)を大きくゆっくり開閉させます。
開閉時にあご(顎関節)が左右に動いていませんか?
[check]自分の顔を鏡に映して、舌を大きく前に出します。舌は真っ直ぐ前に出ていますか?
[check]口を大きく開けた時、3本指が縦に口に入りますか?
[check]自分の顔を鏡に映して、・左右の目の高さ、・左右の口角の高さが同じですか?

以上のテストをして

  • 開閉時にあご(顎関節)が左右に動いたり
  • 舌が真っ直ぐ前に出なかったり
  • 1~2本しか指が口に縦に入らない
  • 左右の目の高さが違う
  • 左右の口角の高さが違う

顎関節症の5つ原因

原因として、

  • かみ合わせ
  • 精神的ストレス
  • あご(顎関節)に悪い日常の癖
  • 姿勢が悪い
  • 外傷

などが原因で顎関節症になりますが、すべての原因に共通するキーワードは「ストレス」です。

4つのストレス
出典:google.co.jp

原因その1:かみ合わせ

かみ合せがうまくいかないことで顎関節症になる人は確かにいます。

しかし、かみ合せの悪い部分が多くあっても顎関節症にならない人が圧倒的に多いです。

また、歯並びがきれいに揃っていて上下左右のかみ合せが完璧な人にも顎関節症は発症します。

原因その2:精神的ストレス

人は精神的な負荷(ストレス)がかかると、身体の筋肉を無意識に収縮させます。

仕事中、寝ている時、精神的なストレスで無意識に肩に力が入り、筋肉が収縮すると肩の痛み、背中の痛みや首の痛みなどの症状が出ます。

また、寝ている時、精神的なストレスで無意識にあご(顎関節)の筋肉(咀嚼筋)に力が入り収縮すると、あご(顎関節)が痛い、耳が痛い、顎関節周りの筋肉に疲労を感じるなどの症状を引き起こします。

更に、精神的なストレスで、あご(顎関節)の筋肉(咀嚼筋)に力が入り収縮し続けると、歯の表面が欠けたり、歯の表面がすり減る(歯の溝がなくなる)、顎関節のクッション(関節円板)が損傷する事があります。

顎関節のクッション(関節円板)が損傷すると

  • 口が開けにくい
  • 口を大きく開けられない
  • 口を開けると、耳の辺り(顎関節)で音が鳴る

などの症状が出ます。

原因その3:あご(顎関節)に悪い日常の癖

ほお杖

  • ほお杖
  • 横向きで寝る。または伏せ寝をしている。
  • 片側でのかみ癖(ガムや食べ物)
  • 猫背
  • 下向きでの携帯電話やスマホの操作
  • 顔を真っ直ぐにせず食事をする
  • 身体を真っ直ぐにせずテレビを見る

原因その4:姿勢が悪い

姿勢が悪くなると下顎骨(顎関節)の動きがおかしくなり

  • あご先がずれる
  • 開口時(口を開けた時)にあご(顎関節)が左右に動く
  • あごが下がる(二重あご)

などの原因になります。

姿勢の悪さと下顎骨(顎関節)の歪みの関係

私が顎関節の施術を経験していく中で、上顎骨と下顎骨の間に体や首の歪みが影響しているのではないかと思うようになりました。

例えば、胸部を基準に上顎骨から上は傾いているが、下顎骨は傾いていない。
なぜ?
いろいろな文献を確認しました。そこで、これではないかと思える理論がありました。
それは、下顎骨の筋肉・靭帯は胸部付近の付着しているものが多い。上顎骨から上は体の背部とつながっている筋肉・靭帯が多い。魚の頭部を思い出していただければ想像がつくのではと思います。
つまり、前面(胸部)や背部の歪みが顎の歪みを造る一つと、思っています。

したがって、現在、北九州整体院では体の歪みにも着目して姿勢検査・歪みのチェックしております。お客様に納得して頂き、施術に繋げております。お客様にも自分の体を知っていいただきセルフケアにも役立てるように心がけております。

原因その5:外傷

かお(特にあご)に外から力が加わる

  • 打撲(殴られる、物にぶつける)
  • 転倒
  • コンタクトスポーツ(ラクビー・バスケット)
  • 交通外傷

北九州整体院の顎関節症の症例

「顎関節症」あくびをすると口が閉じない。

  • 2018年2月 北九州市小倉南区 女性 45歳 主婦
  • 来院に至った経緯
    食事の度に音がしたり、ずれる感じ。
    あくびをすると口がきちんと閉じなくなったりと本当にストレスでした。
    インターネットで調べ、北九州整体院への来院となりました。
  • 整体施術後
    一度目の施術からあきらかに不調が良くなった。あごだけかと思ったら、全身の歪みがあり通院継続することで不調が良くなってきた。
  • ポイント
    全身の歪みがあったので、その矯正整体を行い、その後、あご周りの筋肉のバランスを整えることで顎の歪みを調整した。

    ※北九州整体院の顎関節症の症例であり、効果を保証するものではありません。

あごを気にすることのない生活

画像の説明

通常、顎関節症の施術といえば、直接あごを施術していくことがメインになります。

あごの施術だけでも、もちろん改善はみられるのですが、顎関節症の痛みがあるという事は、あごが痛くなるまでになにかしらの理由があると思いませんか?

問題を突き止めることなく、結果だけを改善しても、また同じ結果になるのは当然ですね。

症状も同じなんです。

だからこそ北九州整体院では、まず顎関節に負担を掛けている問題を探し出して全身のバランスを調整し、顎関節に負担のかからない環境を作ります。

そうするだけでも、顎関節症が改善する方は多数いらっしゃいます。

誰しも、できるだけ失敗はしたくないですね!?

整形外科、歯科、マウスピース、鍼灸、カイロプラクティク、あごを動かす体操、手術、痛み止め(薬)、顎関節症の改善に効果があると言われているあらゆるものを試してみたがどれも効果がなかった、もう諦めて辛い顎関節症の痛みと付き合っていくしかないと思っていたのではないでしょうか?

しかし、心の奥底では、最後の望みをかけて顎関節症を改善する場所・方法を探していませんでしたか?

北九州整体院は顎関節症を改善する技術の習得や、知識の向上のために時間は惜しみませんし、施術に絶対的な自信があります。

しかし、それは実際に体験してみないとWEB上では絶対にわかりませんね?

だからこそ一度施術を受けて効果を実感してみることをお勧めしますが、初めての場所に行くのは誰でも不安ですよね?

私も同じです。

ですので、そんなあなたに安心して、施術を受けて頂く為に北九州整体院では完全返金保証制度を作りました。

コースは

顎関節症は「院長の難治整体コース4000円」を、お選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・カウンセリング【無料】」をお選びください。